ヘッダ画像とロゴ
2022年01月05日(水)掲載
第9章 番組編成編「さんをつけろよデコ助野郎」4/4


前項までに述べたとおり、塚口サンサン劇場のラインナップは「ザボーガー後」に多彩で幅広くなっていったし、それは2022年の今までも続いている。
コロナ禍でイベントらしいイベントが出来なくなったことが、逆にマシンガン的な怒涛の番組編成に拍車をかけたようで、2021年の1年間では335本の作品が上映されたというから驚きだ。

s0904a
2021年の上映作品一覧の一部(塚口サンサン劇場ブログより)

4スクリーンしかない映画館。
年間52週・1日5回上映として、1作品を2週間ずつ上映したとしても最大で520作品だ。
つまりサンサン劇場のフルマックスの上映本数は、「約500」と言ってもいい。

その中でサンサン劇場は、番組編成で1日の上映回数をパズルのように増やしたり、企画特集を組んで多数の作品を一挙に届けたりすることに注力し、300本を超える作品を上映した。
コロナ禍の影響で、途中には1カ月強の休館や、時短営業の期間もあったはずなのに。
1か月ぐらい上映する大作映画も多数あったのに、だ。

s0904b
4/25~5/31は休館していたのに335本を上映

おかげで、サンサン劇場ではずっと、お客さんによって「●●に強い映画館」と思われている、その「●●」の部分が違うことがある。
「インド映画に強い」
「旧作アニメに強い」
「重低音映画に強い」
「ミュージカルや音楽映画に強い」
「ミニシアター系の話題作に強い」
「特撮に強い」
「新作アニメーションに強い」
「フィルムの名作に強い」
「カルト的な人気のある作品に強い」
などなど。
そのどれもが正解である、というのが、この塚口サンサン劇場の番組編成のすさまじいところで、真骨頂なのだ。

こうした多彩な映画を上映する映画館だから、お客さんの声にも敏感だ。
ツイッターでも定期的に、「サンサンで◯◯を上映してほしい」という声が上がり、戸村さんは返事を返している。
もちろん無理な作品はあるが、結構な頻度で「検討リストに入ってます!」という返しが来る。
戸村さんに聞いたところ、実際大量の候補作を常に考えながら、時期やタイミングを見て上映を判断しているという。
一度、サンサン劇場の「検討リスト」をのぞいてみたいものだ。
年間300本以上を上映した映画館。その検討リストは、とんでもないぐらい膨大なものだろうから。

s0704c

お客さんは、ツイッターで希望の映画を言い、劇場からの返事をもらう。
上映が決定した時は、感謝の声であふれることもある。
「かけてくれてありがとう」
「塚口の上映があるから、生きていける」
と言われることすらある。

「本来、お礼を言うのはこちらです。いつも来てくれてありがとう、って」
そう戸村さんは話すが、間違いなく塚口での上映を楽しみに日々を生きている人がいるし、映画館で観たかった作品をかけてくれる喜びは、映画好きにとって何物にも代えがたいのだろう。
しかもたまに予想以上の作品をもってきてくれたりする。
イベントがあれば抜群に盛り上げてくれ、足を運べばホスピタリティの高い接客が待っている。
「愛されるはずだ」
心底、そう思うのである。

次章では、そうした塚口サンサン劇場の、愛されるおもてなしを取り上げたい。




過去の記事 >> << 次の記事

5/17(火)・18(水)の夜、梅田のヨドバシカメラの地下イベントホールでキネピアノを開催!日替わり上映!

キネプレ主催のイベントを紹介!
【6/12(日)・13(月)】絵本と鍵盤@TSUTAYA BOOKSTORE 梅田MeRISE 【5/23(月)】キネピアノ in TSUTAYA BOOKSTORE 梅田MeRISE 【5/17(火)・18(水)】キネピアノ in ヨドバシホール 終了【5/16(月)夜】アニバンチ@TSUTAYA BOOKSTORE 梅田MeRISE 終了【5/14(土)・15(日)】キネピアノ in 塚口サンサン劇場 [終了]【4/20(水)夜】「企画力が育つ!インタビュー術講座」@TSUTAYA BOOKSTORE 梅田MeRISE


終章 映画館で映画を観る楽しさを


大阪・天神橋筋六丁目のシネマパブ「ワイルドバンチ」。2022年2月に現在の場所での営業を終了しました。現在移転調整中。



drinkrecipetop

映画を作るカードゲームのリプレイを掲載中!