ヘッダ画像とロゴ
2014年04月16日(水)
第0話 「フィルムフィクサー」ってどんなゲーム?/「フィルムフィクサー」リプレイ

フィルムリプレイ_トップへ

フィルムリプレイ_一覧

「フィルムフィクサー」(株式会社コザイク)は、「映画をつくる」カードゲームです。
各プレイヤーは、映画のプロデューサーとなり、タレントを雇ったり、映画の企画を立ち上げたりしながら、ゲームを進めていきます
また、資金調達のためには、投資も必要。他のプレイヤーの企画に賭けて、資金を増やすことができます。映画をつくるのには、先立つものが必要なのです。

ただし、最終的な目標は、最高勝利ポイントを得ることです。
お金だけ持っていても、勝利はできません。評価される映画を作り、栄誉の証たる勝利ポイントを増やしていきます。
「映画業界での影響力を高め、実力者となること」を目指すゲームです。

今回、キネプレ編集部で参戦するのは、以下の4名です。

もりた
キネプレ編集長。好きな映画は、歴史系。
大学時代は結構なボードゲームオタクとしても活動。
やまさん
映像制作担当。PVもたくさんつくっている。
好きな監督は、デヴィット・リンチ、スタンリー・キューブリックなど。
りすしょん
ライティング担当の女子。
他のメンバーに比べると映画鑑賞本数は少なめ。けっこう毒舌?
ハト宮
デザイン担当の女子。
けっこうニッチな映画をたくさん鑑賞している。ボードゲームはほぼ初心者。

まず、からルールの解説を。


まず、投資フェイズというのがあります。みんなで手番プレイヤーの行動を予想します。


プレイヤーは、自分のターンがきたときに、最初に他のプレイヤーからの「賭け」を受け付けます。
他のプレイヤーは、手番プレイヤーが「どういう行動を行うのか」を予想し、賭けを行います。
その行動が的中すれば、賭けを行ったプレイヤーは資金を増やすことができます。


その後は手番プレイヤーの行動です。まず資金を使って、場に出ている好きなタレントを雇い入れることができます。

フィルムリプレイ_タレント
タレントカードの一部

雇い入れるとそのタレントカードを自分の手元に引き寄せて、お金を払います。
その後手番プレイヤーは、そのタレントを自分の映画企画に派遣することができます。
ただ、タレントの中には1作品に出演するとすぐ引退してしまうのもいるので、気をつけましょう。


そして、次は「作品カード」です。これには、Qvinta Essentia Entertainment社とCosaic Pictures社の2社の映画企画が並んでいます。「ホラー」「サスペンス」「コメディ」など。それを制作すると、書かれている資金を手に入れることができます。

フィルムリプレイ_映画カート
作品カードの一部

ちなみに映画を作るには、自分のタレントが1人以上は必要です。そのタレントを派遣して、映画を製作し、資金を手に入れます。タレントによっては、特殊効果を得ることができます。(収益が上がる、など)

ゲームを始めるにあたって、いろんなカードの能力を確認する一堂。


じつは「ポルノ映画」は、収益は大きいけど、評価ポイントはマイナス点なのです。

現実的やねー。世間からは評価されないけど、ポルノでお金をかせいで、いつかは良い作品を・・・という映画監督の夢が描かれてる(笑)。
むしろ、新人プロデューサー自身がポルノに出るとか。
ソフトオ○デ○ンドかな。社員が出演するという・・・。

こら!(笑)

・・・はやくもきわどい発言が飛び出しております。
あとは、タレントカードをいろいろ見はじめる、

「ティーンアイドル」は、「共演者がいる場合、捨て札にならない」・・・ってどういうこと?

もともとティーンアイドルは、一回作品に出演したら引退しないといけないんだけど、一緒の作品に派遣されたタレントがいれば、引退をまぬがれるってことです。
じゃあ1人でポルノとか出ていたら、すぐ引退するってこと?(笑)

そうそう(笑)。
10代に一作だけ出演して、伝説になるんですね(笑)。

女性陣のほうが、結構アレな発言が多い。

「名脇役」も、1回しか出演できないんですね。あと、「犬」なんてタレントカードもある(笑)。しかも犬も1回限り(笑)。
(カードを見比べながら)「業界のカリスマ」と「セクシー女優」が一緒に出演!とかなれば、なんかあやしい気配がする(笑)。

・・・下品やなあ(笑)。

さて、ここで最初のプレーヤーを決めます。
このゲームでは、「一番最近映画を観た人」から手番を進めていきます。
なので、みんなで観た映画を自己申告。


ぼくは、いきなり思い立って、『タクシードライバー』(1976年、ロバート・デ・ニーロ主演)を観たよ。しかも昨日(笑)。

大好きな『ションベン・ライダー』(1983年、相米慎二監督作)を久しぶりに観なおしたけど・・・2日前やな。
わたしは『華麗なるギャツビー』(2013年、レオナルド・ディカプリオ主演)ですね。でもちょっと前です。

ということで、からスタートすることに。
それ以降はテーブルに座っていた時計回りに、の順となりました。

フィルムリプレイ_プレイ順

続きは第1話へ!
フィルムリプレイ_タイトル1

フィルムリプレイ_トップへ



<< 次の記事

「ワイルドバンチ」は大阪・天神橋筋六丁目のブックカフェバーです。
キネプレがコラボして、店内で多数の映画イベントを開催中!(以下一部)



12.05 映画館について語る連載企画。シネマート心斎橋・横田支配人のコラムを配信!

09.01 第92弾を配信!

ミニシアター周辺のオススメごはん店を紹介中!

映画を作るカードゲームのリプレイを掲載中!