ヘッダ画像とロゴ
2022年09月01日(木)掲載
終了【9/18(日)夕】『宮田バスターズ(株)』創作秘話トーク@TSUTAYA BOOKSTORE 梅田MeRISE
LINEで送る

イベント名:

『宮田バスターズ(株)』創作秘話トーク

開催日程:9月18日(日)16:00~
開催会場:TSUTAYA BOOKSTORE 梅田MeRISE 2F

第七藝術劇場で9月17日(土)から公開予定の映画『帰ってきた宮田バスターズ(株)』について、坂田監督たちに企画の立ち上げから、3年前に大好評を博した短編映画、そして長編映画への道のりをお伺いするトークイベントを開催!

image0 (1)

『帰ってきた宮田バスターズ(株)』は、大阪出身の若手映画監督・坂田敦哉さんによるSFムービー。宇宙生物の駆除を業務として行う中小企業「宮田バスターズ」の活躍と奮闘を描いています。

同作は、もともと2019年に坂田監督が発表した短編映画『宮田バスターズ(株)』がベース。映画祭などで絶賛され、この度長編にパワーアップして全国で劇場公開されます。

今回のトークイベントは、以前の短編作品の頃から同作に注目していたキネプレが主催。同作の企画立ち上げから短編製作、長編への道のり、そして創作の秘訣などを坂田監督や主演の渡辺直也さんに伺います。

ぜひ第七藝術劇場の鑑賞前もしくは鑑賞後に、あわせてご参加ください。
当日は、2019年の短編作品『宮田バスターズ(株)』の上映も行う予定です。

image3

image0
(C)映像製作団体友

作品詳細
■『帰ってきた宮田バスターズ(株)』
宇宙生物駆除を業務とする中小企業の奮闘を描いたSFムービー。

監督の坂田敦哉が2019年に発表した短編「宮田バスターズ(株)」を長編化し、劇中に登場するオフィスや社用車など多くのセットがホームセンターで手に入る材料で手作りされた「DIY映画」としても話題を集めた「宮田バスターズ(株) 大長編」に、さらなる再編集を施した。


予告編

登壇者
■坂田敦哉
1999年大阪府生まれ。
小学生の頃に見た「ドラえもん」の自主特撮を作るお話に感銘を受け、以降自主映画を作り始める。大阪芸術大学映像学部を中退後、専門学校で特殊造形を学ぶ。現在は都内の映像制作会社に勤務。

■渡部直也
1983年広島県生まれ。
早稲田大学在学中に稲門シナリオ研究会に在籍。
自主映画を制作、出演。以後、俳優として映画、舞台中心に活躍中。
近年は、2016年に主演作「食卓」(小松孝監督)がぴあフィルムフェスティバルPFFアワード2016グランプリを受賞。バンクーバー国際映画祭、東京国際映画祭等で上映される。2021年秋、野村萬斎演出・出演の狂言「唐人相撲」於国立能楽堂に2017年に続いて出演。

■森田和幸
関西の映画情報サイト「キネプレ」代表。
2022年まで店長を務めていた天神橋筋六丁目のシネマパブ「ワイルドバンチ」での映画上映企画にて、短編の『宮田バスターズ(株)』の上映とトークイベントを企画。

詳細情報
■日程
9月18日(日)

■時間
15時45分開場
16時開始
18時終了予定

■料金
1,300円(税込)
※1ドリンク付き(ノンアルコールのみ)
※定員15名、定員になり次第予約受付終了

■予約
ご予約は以下のPeatixよりお申し込みください。
・Peatix イベントページ
https://miyata5050.peatix.com/

※Peatixサービスを利用しています。Twitter、Facebook、Googleアカウントがあればログイン・申し込みが可能です。

■注意事項

・開場までは、入り口が混雑する可能性があります。通常の店舗をご利用の方のご迷惑にならないようにお待ちください。
・座席は、自由席となっております。
・入り口でご予約のお名前をお伝えいただき、料金をお支払いください。またその際、ドリンクもあわせてご注文ください。なお新型コロナウィルスの感染状況によって、ドリンクはノンアルコールのみのご提供とさせていただきます。ご了承ください。
・感染対策を行いながら実施いたします。
・入り口での手指消毒、マスク着用にご協力ください。
・当日、体調がすぐれない方はご来場をご遠慮ください。

■開催会場
TSUTAYA BOOKSTORE 梅田MeRISE 2階
スタートアップカフェ内
大阪市北区鶴野町1番5号

■サイト
TSUTAYA BOOKSTORE 梅田MeRISE
Peatix イベントページ
映画『帰ってきた宮田バスターズ(株)』公式サイト

LINEで送る


過去の記事 >> << 次の記事