ヘッダ画像とロゴ
2021年06月28日(月)
【WBミニレポ】解説!超過激派アクションコメディアン、バスター・キートン

大阪・天六のシネマパブ「ワイルドバンチ」で開催したイベントや定例プログラムの様子をお届けするレポート記事です。


カタオモイ 『キートンの大列車追跡』スペシャル

開催日:3月28日(日)

キートンの大列車追跡

テアトル梅田さんの公演で大好評だったキネピアノの『キートンの大列車追跡』のアフタートークイベント。
登壇はカタオモイ主催の浅山幹也さん。そして今回はゲストに『キネピアノ in テアトル梅田』にてピアノ伴奏を担当してくださった鳥飼りょうさん、サイレントコメディを研究しているいいをじゅんこさんのお二人に登壇していただきました。

『キートンの大列車追跡』は南北戦争が舞台ということで、南軍と北軍をそれぞれの軍の曲で弾きわけていたという鳥飼さん。細かい弾きわけを実演も交えて教えてくださいました。CMなどで誰もが聞き馴染みのあるような曲が、実は南北戦争の時の軍の曲だったとは…。そしてその曲を細かに弾きわけることで、映画に伴奏で説明を入れ、観やすくするという工夫をされているそうです!

いいをさんからはとても熱のあるスライド!
撮影の裏側にあったトラブル・珍事件・ハプニングの数々を面白おかしく解説してくださいました。
あまりに珍事すぎて参加者全員大爆笑!
撮影で首を折っても10年以上気がつかなかったなど様々な伝説のあるバスター・キートンですが、1つの撮影でも伝説がとても多いです。

『キートンの大列車追跡』のお話だけではなく、キートン自身にまつわる話まで、参加者全員で深掘り考察&感想も。主催の浅山さんはサイレントのリアリティについて、「キートンに列車が迫って来るシーンは、リアルなら列車の音が聞こえているから気が付かないはずがない。でもサイレント映画では観客たちにも音は届いていないので受け入れられている。これはサイレント映画だからこそのリアリティ。」と考察。

色々な知識が身につくと1つの映画もより深く楽しめますね!
「こんな面白い話、もっと色んな人に聞いて欲しい!」と悔しげな浅山さん。いいをさんもノリノリでお話ししてくださったので、またサイレント映画を語れる、深掘りできるイベントができる…かも?
今回参加できなかった人も、まだサイレント映画観たことない人も、興味のある方は期待して待っていてくださいませ!

『キートンの大列車追跡』(1926)
時間:79分
監督:バスター・キートン、クライド・ブラックマン
出演:バスター・キートン
トーク登壇:浅山幹也、いいをじゅんこ、鳥飼りょう

文・Jsan

イベント詳細
■内容
「カタオモイ」は、大阪・天神橋筋六丁目のシネマパブ「ワイルドバンチ」の定例プログラムです。
参加者同士が映画についての愛や推しを語り合ったり、「特別編」としてあるテーマに沿った感想を交換するイベントです。

■日程・料金など
現在不定期開催中。

■場所
シネマパブ「ワイルドバンチ」
大阪市北区長柄中1-4-7-1F)

■サイト
「ワイルドバンチ」(キネプレ内ページ)



過去の記事 >> << 次の記事