ヘッダ画像とロゴ
2016年09月20日(火)掲載
開館20年で上映作6千本以上 大阪のシネ・ヌーヴォが改装工事費支援呼びかけ
LINEで送る

大阪・九条のミニシアター、シネ・ヌーヴォが、開館20周年を迎えるのを機に、改装工事を予定。クラウドファンディングで改装資金を募っている。支援すれば様々な特典も。

o

シネ・ヌーヴォは、大阪・九条にあるミニシアター。以前にこの地にあった映画館が休館を繰り返していたところに、1997年1月にオープンした。
代表は、景山理さん。もともと大阪で、自主上映会を開催するとともに、「映画新聞」という発行物を制作。映画の灯をともす活動を続けていた。
「実際に映画が観れる場所を作ろう」という思いで、映画ファンの方に出資を募り、無事オープンにこぎつけた。

1

特徴的な内装は、大阪を拠点に活動を続ける有名劇団「維新派」が手掛けている。今年6月に亡くなった維新派の代表、松本雄吉さんは「僕たちは無機物としての館内をつくっただけだ。それを有機物にしていくことが君たちの仕事だよ」と劇場スタッフに話したという。

2

映画ファンの中では、特に特集上映で知られるミニシアターでもある。様々な映画監督や俳優の周年特集、記念特集を精力的に開催してきた。今で、配給側から「誰々監督の何周年なんですが、ぜひシネ・ヌーヴォさんで上映しませんか」という声がかかることも増えたという。
2014年10月には、「シネ・ヌーヴォの社運を賭けた」黒澤明映画祭を開催。ファンの間で大きな反響となった。

3

これまで上映した作品は6,000本にもなるという同館。今回は、2017年に20周年を迎えるのに合わせて、館内改装工事を決定。2005年の工事の時にはできなかった床面の修復や、和式男性トイレの洋式化、玄関オブジェの補強工事などを行う。工事費は約500万円を予定。

その工事に合わせて、クラウドファンディングでの支援を募集。「モーションギャラリー」サイト上で資金提供を呼びかけている。支援に対する特典としては、同館の招待券や「映画新聞」バックナンバーの贈呈、ゲストとの交流券、シネ・ヌーヴォXプライベートシアター権などさまざまなサービスを用意している。

クラウドファンディングでの募集は、2016年12月26日(月)まで。目標金額は500万円。支援は、クラウドファンディングページから。


シネ・ヌーヴォからのメッセージ動画

詳細情報
■募集期限
~12月26日(月)

■映画館
シネ・ヌーヴォ
大阪市西区九条1-20-24、TEL 06-6582-1416

■サイト
シネ・ヌーヴォ館内改装工事クラウドファンディングページ
シネ・ヌーヴォ
シネ・ヌーヴォ山崎支配人インタビュー(2013年)

LINEで送る


過去の記事 >> << 次の記事

キネプレ主催のイベントを紹介!
【6/27(月)夜】アニバンチ@TSUTAYA BOOKSTORE 梅田MeRISE 終了【6/20(月)~23(木)】F・W・ムルナウの世界 キネピアノ in テアトル梅田 終了【6/12(日)・13(月)】絵本と鍵盤@TSUTAYA BOOKSTORE 梅田MeRISE 終了【6/6(月)夜】夜の宣伝会議@TSUTAYA BOOKSTORE 梅田MeRISE 終了【5/23(月)】キネピアノ in TSUTAYA BOOKSTORE 梅田MeRISE 終了【5/17(火)・18(水)】キネピアノ in ヨドバシホール


終章 映画館で映画を観る楽しさを


大阪・天神橋筋六丁目のシネマパブ「ワイルドバンチ」。2022年2月に現在の場所での営業を終了しました。現在移転調整中。



drinkrecipetop

映画を作るカードゲームのリプレイを掲載中!