ヘッダ画像とロゴ
2014年05月30日(金)掲載
ネット配信が生む自由な作品づくりと、映画の未来―神戸三宮映画祭の会見書き起こし

2014年5月30日(金)・31日(土)開催の「神戸三宮映画祭」。
それに先駆けて行われた記者会見から、ネスレ日本株式会社の高岡浩三さん、神戸副市長の玉田敏郎さん、そして佐々部清監督、本広克行監督、岩井俊二監督の挨拶やトークの様子を、全文書き起こしでお届けします。
ネット配信を使い、神戸の地から起こった新しい映画の形の一端に触れてください。

神戸三宮top
神戸三宮映画祭の記者会見に登場した映画監督や俳優たち

‐‐‐ではまず、ネスレ日本株式会社代表取締役兼CEOの高岡浩三さんよりご挨拶を。

神戸映画全文_ネスレ
ネスレ日本株式会社代表取締役兼CEO・高岡浩三さん
高岡 この映画祭のきっかけになったのは、YouTubeの中にある「ネスレシアター on YouTube」。
これは昨年来わたしたちがYouTubeさん、その親会社であるGoogleさんと長い時間協議をかけて、「YouTube内に、日本最大のシネマコンプレレックスをつくりたい」と、そこでわたしたちのブランドにかかわるコミュニケーションをやってみたい、と。
そのように世界のGoogle、YouTubeの中で、全く新しい初めての試みをこの日本でやってみたい、というところからスタートしました。

おりしも、日本を代表する映画監督さんたちと意見交換をする機会がありまして、映画監督の皆様方の現在の映画界のビジネスモデル上で、映画館での興行収入の多い・少ないというリスクを取り除いたり、より安定した新しいビジネスモデルがないのだろうか、という思いを聞きました。
あるいは自分が抱えているオリジナルの映画の内容やコンテンツ、そういった構想を実現できる枠組みは無いのだろうか、というニーズと、わたしどもの「YouTubeの中に新しいコミュニケーションのチャンネル、最大のシネマコンプレックスを作りたい」という思いが合致しまして、ならわたしどもの広告宣伝の一部として、リスクのない制作費と言うものをご提供したいと。
その中でクオリティの高いショートフィルムを作っていただき、たとえスマートフォンでの観賞であっても短い時間の中で十分に芸術性のある映画というものを楽しんでいただく、しかも無料で、と。
こういう夢のある新しいビジネスモデルの実現に向けて、昨年取り組んでまいりました。

その結果、11月からスタートいたしまして、わたしどもは当初の会見の中では「1年間で1千万人ぐらいの人に観に来てもらえれば」と大きな目標を掲げさせていただきましたが、なんとたった半年で、その1千万という目標をクリアすることができました。
間違いなく現時点において、圧倒的に日本最大の、ひょっとすると世界最大のシネマコンプレックスに、すでになっていると、いうのが現状です。
それほどの多くの方にこの「ネスレシアター on YouTube」に来ていただきまして、大きな反響がございました。

「これほどの高いクオリティの作品なら、ぜひ本物の映画館で観てみたい」という声もあまりにも多くいただいたものですので、監督さまがたとの協議の結果、わたしたちの本社がある神戸、そして実は日本の映画発祥の地である神戸の三宮で、この映画祭をやりたいと、全員の意思が一致いたしまして、今回の開催に至ったということです。
こんな短い時間でこれだけの成果をおさめられたのも、本当に全員のそういった思いが一致してのことだったのではないかと思ってます。

おりしも、Googleさんが、YouTubeのコンテンツを簡単にテレビの大画面で観ることのできるデバイスを発売する、というニュースが流れています。(編集部注:「Chromecast」のこと)
まさしくこのわたしどもの「ネスレシアター on YouTube」の中にありますコンテンツも、家庭の中で、大画面のテレビの前で、映画館に勝るとも劣らない環境の中、楽しんでいただくことも、実に簡単な世界になってきたのだと思います。

ただ、これは決して、今ある映画界のビジネスモデルとわたしどもの新しいビジネスがお客さまの取り合いをするということではなく、相乗効果となって、ありとあらゆるところで時間を見つけて、いつでもいろんな形で映画を楽しむことができるという、新しい場、新しい需要というものを作りだしているんだとわたしたちは考えています。
そういった意味で、日本のお客さまに、映画の新しい楽しみ方、ありとあらゆるところで楽しんでいただくという、その場を提供することができる非常に画期的なビジネスモデルではないかなと思います。

‐‐‐つづきましては、玉田敏郎神戸副市長から。

神戸映画全文_副市長
神戸副市長の玉田敏郎さん
玉田 このたび皆様に尽力いただきまして、新しいスタイルの映画祭が、ここ神戸で行われることになりました。
新進気鋭の監督さん、俳優さんたちが、いまそこの裏手にたくさんいらっしゃいます。

神戸は実は、映画の発祥地であります。
明治29年に、神戸の花隈で、エジソンが発明したキネトスコープというものが、はじめて上映されました。
さらに神戸は、日本で一番最初にフィルムコミッションをつくった都市でもあります。
いろんな映像やCMの制作を支援していこうと、国内第一号のフィルムコミッションが2000年にスタートしました。

ということで、非常に映画と縁の深い土地であります。
その神戸で、今回新しい形の映画祭が行われるということになりました。
「ネスレシアター on YouTube」として、非常にたくさんのアクセスがあると聞いていますが、それを今度はスクリーンで観てみようと。
たしかにYouTubeをパソコンの画面で観るとはまた少し違った感動があるのではと思って、楽しみにしています。

ネスレ日本さんは古くから神戸で会社を構えていただきました。
震災で大変被害を受けましたけども、見事に立ち直られて、地元に対してもいろんな貢献をしていただいている企業です。
神戸においても社会奉仕の活動もしていただいています。
そんなグローバルなネスレ日本さんが、今回こういう形で、社会と企業両方の価値を創造しようということで、新しく映画祭を行われる。
これが神戸で行われるということに、私たちはとても感動しています。
神戸の新しい価値がまた生まれるんじゃないかと。
こういう取り組みが今年に限らず、もっと続いてほしいなと思っています。

‐‐‐それではこれより、今回の神戸三宮映画祭に作品を出品された監督の中から、佐々部清監督、本広克行監督、岩井俊二監督に来登壇いただき、トークセッションを行いたいと思います。

神戸映画全文_3人
写真左から、佐々部清監督、本広克行監督、岩井俊二監督

‐‐‐この神戸で映画祭を開催されるとのことで、思うところをまず佐々部監督から聞かせていただければ。

神戸映画全文_佐々部
佐々部清監督
佐々部 ぼくの神戸との関わりは、中学生の時に映画評論家になりたいなと思って淀川長治さんに「弟子にしてください」と手紙を書いたところから、自分の映画の道筋がはじまりました。
淀川さんは神戸のお生まれで、日本映画・外国映画の素晴らしさを、伝道師のように伝えてくださった方。
その生まれ故郷の神戸に呼んでいただいて、こうして自分の作品を上映することができる。
すごく光栄に思います。
本広 ぼくは神戸は、『交渉人 真下正義』(2005年)という、「踊る大捜査線」のスピンオフ映画を撮りました。
地下鉄のシーンがいっぱい出てくるんですが、毎晩終電が終わったらみんなで地下に潜って、2週間ぐらい撮ってたという思い出があります。
ひさびさに神戸に帰ってきて、そして自分のショートムービーがかけられるというのはすごく楽しみです。
YouTube用に作った作品だったので、これを大画面で観るとどうなるのか、自分でも楽しみにしています。
岩井 『Love Letter』(1995年)という映画を作った時、おもに舞台が小樽なんですが、もう一つの舞台が神戸で、一度ロケハンに来ました。
でもプロデューサーの方から「予算がないので、撮影は全部小樽でやってください」と言われまして(笑)、しかたがないので小樽で、神戸のフリをして撮影しました。
なので神戸で撮影できなかったのがとても心残りでした。
いつかこの地でカメラを回したい、とずっと思っています。

‐‐‐前回の「ネスレシアター on YouTube」スタートの記者会見で、佐々部監督は「最終章は劇場で見せるんだ、という気持ちで撮っているんだ」とおっしゃっていましたが、こうして実際に劇場で観ていただくことになりました気持ちをお聞かせください。

佐々部 最初ネスレさんにお世話になって作らせてもらった『痕跡や』という作品に関しては、一度横浜で劇場公開させてもらってました。
『ゾウを撫でる』につきましては、高岡さんに無理を言って、「最終章はYouTubeで出したくない、完全版は大きなスクリーンで見せたい」とダダをこねました(笑)。
なので、劇場でお見せするのは今回が初めてです。
自分自身もワクワクしながら、隠しに隠した最終章を楽しんでもらえればと思っています。

‐‐‐本広監督の今回の『Regret』がYouTubeを飛び出し、劇場での上映となりますが、そのお気持ちについては。

神戸映画全文_本広
本広克行監督
本広 この『Regret』が今回の「ネスレシアター」のトップバッターだったので、とにかくたくさんの人に「なんか面白いことやってるね」と思ってもらうようにどうすればいいのか、ショートムービーをYouTubeの中で演出すればいいのか、をすごく考えました。
傾向と対策を練って、試験勉強のように(笑)。
最初の1分を観たら最後まで観たくなるという風に仕込んだりしまして、そうしたら300万プレビューを越えまして、自分の中でもびっくりして、「まだまだいけるな」と思いました(笑)。
まだまだプレビュー数も伸ばしたいし、こうして支援していだたく企業がどんどん出てくださって、後輩たちがショートムービーが作れる環境がどんどん出てくださればいいなと思っています。

‐‐‐ネット配信された『花とアリス』の短編から、このプロジェクトとのかかわりが始まっている岩井監督は、どんなお気持ちでしょうか。

岩井 十年ぐらい前になるんですけど、いまでこそYouTubeなどは流行ってきましたけど、当時は配信技術もギリギリなところで、『花とアリス』を作る前は、本当に小さな画面で1分ぐらいしか動かない、そんな時代でもありました。
それがようやく、ある程度のサイズでできるようになったことを覚えていて、いまではやっとここまで来たのかという感動も感じています。
その後『花とアリス』は劇場版も公開しましたが、ショートフィルム版は長さ自体は短いんですけど、1シーン1シーンは映画より長くて、映画に出てこないシーンもけっこういっぱい入っていますので、ぜひ新鮮な気持ちで楽しんでいただければと思います。

‐‐‐昨年の記者発表の際に、いまは映画業界の状況が変わってきて、監督にあまり自由度がないという話もありましたが、その後なにか変化を感じられたか、その辺りを伺いたいと思っています。

佐々部 自由な映画が撮れない、という日本映画の状況は良くなるどころか悪くなっているかなとは思うんです。
私が理事をやっている日本映画監督協会でこの「ネスレシアター」の話をすると、いろんな監督たちも観てくれてます。
日本映画監督協会には530人の監督がいるんですが、去年協会員が撮った映画は91本。ほとんどの監督は映画を撮れていない状況です。
そこでこういう企画で、原作にこだわらず、自由な発想で自由なものに撮れるということに、たくさんの監督が興味を示してくれてます。
そういう、映画界を活性化するという意味では、すごく大きな役割を担っていってくれるのではと思っています。
それから本当にうれしかったのは、原作にこだわらず自由に、オリジナルの脚本が作れるということ。
それがなかなか許されない現場が多いものですから、そこが一番われわれのモチベーションが高く持てるところで、またこういう機会が来年・再来年とつづいていって、もっと若い監督たちがもっと自由な発想で撮れるチャンスが生まれることにつながればいいなと思っています。
本広 佐々部さんのおっしゃっていることと全く同じです。
とくにぼくはエンターテインメントの監督なので、プロデューサーの意向もありますし、出資者の方々の意向もあって、なかなか自分の思い通りには撮れないんですけど、今回の『Regret』は自分の体験談を思いっきり映像にしてみようという10分間でした。
それを今まで培ってきた技術を使って、若いスタッフにもチャンスを与えて作りました。
こうやってチャンスを与えられると、若い子たちも目標を持てるようになっています。
このカメラマンをやっていた彼は一人前の撮影監督として頑張っていて、結婚もしたみたいです(笑)。
この10分間を作っただけで結婚をするという(笑)。
映画ってのは、作品の出来と今の自分の立ち位置と時々シンクロして、不思議な現象を引き起こす時もあり、ショートフィルムでもそんなことがあるんだなと思いました。

‐‐‐最後に、神戸三宮映画祭の発起人として尽力していただいている岩井監督に、今後この映画祭をどう成長させていくべきか、話していただければと思います。

神戸映画全文_岩井
岩井俊二監督
岩井 ほんとうに、ぜひ続けてください。
ぼくたちもどんどん盛り上げていけたらと思います。
ここからいろんな新しい、面白い、画期的なショートフィルムが次々と生まれたら素晴らしいですね。
どうしても東京中心で映画作りが行われている気がするんですけど、たとえばアメリカだと各都市にちゃんと映画を作れる人たちがいたりして、地方発の全国映画みたいな作品が普通にあるので、そういう拠点に神戸がなればいいなと。
いまは各地方にフィルムコミッションがありますが、その最初も神戸だったので、神戸がまた次のそういう先駆けになればいいなと思います。
2014年5月29日(金)の会見にて
詳細情報
■サイト
神戸三宮映画祭
ネット動画から劇場へ 映画発祥の地神戸で、神戸三宮映画祭開幕[ニュース]


過去の記事 >> << 次の記事

5/17(火)・18(水)の夜、梅田のヨドバシカメラの地下イベントホールでキネピアノを開催!日替わり上映!

キネプレ主催のイベントを紹介!
【6/12(日)・13(月)】絵本と鍵盤@TSUTAYA BOOKSTORE 梅田MeRISE 【5/23(月)】キネピアノ in TSUTAYA BOOKSTORE 梅田MeRISE 【5/17(火)・18(水)】キネピアノ in ヨドバシホール 終了【5/16(月)夜】アニバンチ@TSUTAYA BOOKSTORE 梅田MeRISE 終了【5/14(土)・15(日)】キネピアノ in 塚口サンサン劇場 [終了]【4/20(水)夜】「企画力が育つ!インタビュー術講座」@TSUTAYA BOOKSTORE 梅田MeRISE


終章 映画館で映画を観る楽しさを


大阪・天神橋筋六丁目のシネマパブ「ワイルドバンチ」。2022年2月に現在の場所での営業を終了しました。現在移転調整中。



drinkrecipetop

映画を作るカードゲームのリプレイを掲載中!