ヘッダ画像とロゴ

チラシ転売バナー

※チラシ転売の現状については以下の記事をお読みください。
■転売される映画チラシの現状とは―防止呼びかけ後に大きな反響
http://www.cinepre.biz/archives/16837

映画作品の重要な宣伝手段であるチラシ。
映画館やその他さまざまな場所で設置され、映画ファンの方の情報収集の一助となったり、映画を知らない人にその魅力をアピールしたり、と映画の宣伝に大きな役割を果たしています。

そのチラシを、映画館で設置されている中から無断で大量に持ち帰り、専門店に買い取らせたり、個人で販売したりする例がいくつかキネプレにも報告されています。

今は手に入らない旧作のチラシやポスターが販売されるのと違って、いままさに公開中・もしくは近日公開予定の、少しでも多くの人の目にとまった方がいい映画のチラシが、そういった形で利用されているケースがあるそうです。

キネプレでは、この転売のための大量持ち帰りをひかえていただきたく、こうした表明をいたしました。

映画館のラックからごっそりチラシが消えることで、本来情報を届けたい人、情報を受け取りたい人の手元に届かない状態を改善したいと考えています。

もちろん自分のためや、
「興味がある作品なので、友人に見せて誘いたい」
「観てとても良い作品だったので、知り合いに伝えたい」
そういった思いで、常識的な範囲の枚数を持ち帰っていただくのは大歓迎です。

また、ご自身が店舗を運営していてそこで配布したい、企画したイベントで集まったお客さんに広めたい、などの理由で複数枚欲しい場合は、その旨をぜひ映画館の受け付けに申し出てもらえればと思います。
きっとこころよく、協力していただけるでしょう。

以下、このキネプレの表明にご賛同いただいている映画館様の一覧です。

■大阪


アポロシネマ 第七 テアトル梅田
シアターセブン ヌーヴォ シネマート
リーブル梅田

■兵庫


KAVC-logo 神戸映画資料館 シネマ神戸
リーブル神戸 ピピア サンサン
元町映画館

■京都


京都シネマ みなみ会館 立誠シネマ

作品の存在とその魅力を、より多くの人に、より適切にお届けする環境を作るため、
ぜひこの表明にご理解・ご協力・ご賛同をお願いいたします。

2014年2月
キネプレ編集長 森田和幸



目指せ映画監督!連載小説「フルタイム・ホビイスト」を隔週月曜に配信中!

京都ドーナッツクラブとのコラボコーナースタート!イタリア映画配給の舞台裏を紹介!

05.01 第76弾を配信!

(5/14~5/20)
「相当濃厚で癖になる味がする作品」30年越しの想いが実現、吉田大八監督最新作『美しい星』公開へ
野村雅夫さん「若手の監督の活躍目覚ましい」と注目 大阪で「イタリア映画祭2017」が開催
キネプレ5周年記念 5年間の人気記事ベスト10発表
今度の課題は『スウィート17モンスター』 映画感想交流会の第3回が大阪で開催へ
第3回 ドーナッツ的 字幕翻訳の楽しみ方/映画で旅するイタリア2017 旅のしおり

ミニシアター周辺のオススメごはん店を紹介中!

映画を作るカードゲームのリプレイを掲載中!