ヘッダ画像とロゴ
2013年12月11日(水)
カタラシテーナをめぐるお話。

「キネプレのうしろがわ。」に掲載したものの再録

カタラシテーナmain

ちょっと、今年2013年はじめのことを振り返ります。
ある場所で行われていたボードゲームイベントに、おじゃました時のことでした。

ボードゲームをひたすら遊ぶ、というよりは、「ゲームをツールにコミュニケーションを楽しむ会」といった趣きのイベントで、それはそれでかなり楽しかったのですが、途中である一つのオリジナルゲームが披露されました。
それは、コーヒーを題材に作りあげられたもの。
単純なルールなのにおもしろく、そのゲームをきっかけに同じテーブルのひとたちとすっかり仲良くなってしまったのです。
「かんたんなゲームをはさむことで、こんなに仲良く話せるんだ」
と、びびびっときた、とまでは言いませんが、ちょっと衝撃を受けたのを覚えています。
そのゲームをデザインしたのは、タンサンファブリークさんというチームでした。

2か月後、ぼくはぼんやりと、「映画の新しい楽しみ方はないかなあ」と考えてました。
そのときに、ふとこのゲーム会のことを思い出したのです。
すぐに連絡をとり、ぼくは頭のなかのアイディアが固まるより早く、こう伝えました。

「映画を観ることって、ゲームになりませんか」

非常にアバウトな提案でした。ほんと申し訳ないと思います。
でもタンサンファブリークさんは、このとっぴょうしもない話に、ちゃんと応えてくれたのです。

もともと、映画もけっこう好きだったタンサンファブリークの人たち。
話していくうちに、どんどんアイディアをまとめていってくれました。
「映画の感想は、人に話したくなるもの―」。
でもきっかけがないと、なかなか自分から言い出せない人もいますよね。
「みんなが分かりあえる意見もいい―」。
でも、マニアックな意見こそおもしろいし、その人の個性がでる。
さらに、他の人にもあたらしい発見が生まれるのでは・・・。

そんなこんなで練り上げながら。
せっかく考えたんだし、じゃあ遊んでもらいましょうか、と、今年4月のキネプレ協力の上映イベントでお披露目。
ショートムービーを観たあと、「ではカタラシテーナというものを遊びます!」と、デビューしたのです。

おかげさまで、非常に好評。
「そんな見方があったんだ!」
はげしく頷いているお客さんを見て、うれしくなってきたのを覚えています。
「もっかい観てみたいなあ」
そんな声もちらほら。
感想をゲームにすることで、お客さん同士の話も弾む。
新しい発見も生まれてきて、「もう一回観たく」なることも。
なんて素晴らしいツールを作ってくれたんだろう、と感じ入ったものでした。

じつは、作品をつくった監督たちもその場にいたのですが、面白いなあと思ったのは「監督そっちのけでたくさんの話題がひろがった」ことでした。
ふつう監督がいると、トークの話題はやっぱり監督の作品への思いや、撮影の裏話などになりがちです。
でもカタラシテーナの時はちがいました。作り手に遠慮せず、あーだこーだとたくさん意見が出る。

それが妙に「いい感じのほったらかし」に見えたんです。
作品が作り手を離れて、はじめて観客のものになった。
そう言えるかもしれません。

ぼくは前、こんなことをツイッターでつぶやきました。

「最初はぴんとこなかった映画でも、一度カタラシテーナを挟むと、なんていうかその“土がちょっと掘れてくる”んです。温泉を発掘する感じ」

作品をぼくらの手元に引き寄せ、隣のひとたちと一緒になって土を掘る。
そんとき湧き出てくるものは、たぶんきっと、ちょっとあたらしい楽しみ方なのだ。

カタラシテーナを商品にしよう、と思ったのは、この「コミュニケーションがはじまるキッカケ」を、家庭やグループの手元においといてほしい、と思ったからでした。
だって、楽しいんですもん。
映画観たあと、そのままのんべんだらりとしゃべるのも心地よいけれど、すこしこういう「縛るルール」があるほうが、むしろ場がいきいきとして見えるもんです。

それに、すこし興味があったのです。
ぼくらがイベントや映画祭でお披露目したのは、いわば「はじめて会う人どうしで映画について語り合う」もの。
じゃあそれを、もともと知り合いどうしで遊ぶと、どんな楽しさが生まれるんだろう、って。
「ああ、このひとはこんな感覚で、いつも作品を見ているんだな」
とか。
「その視点は面白い。こんど、ちょっと詳しく話しこんでみたいな」
とか。

いちばん素敵だな、と思うのは、
「じゃあ次は何の作品観る?」
ってはなしが生まれやすいこと。
デートでも、「別れ際に次回の約束を取り付けろ!」なんていいますもんね。
そうやって映画を軸にして、どんどん人が集まる機会が増えていったら、すばらしいね。

そんなご家庭用のお手軽カタラシテーナ。
タンサンファブリークさんのパッケージが、これまたかわいいんですよ。
以下のページで、販売中です。

「感想ゲーム カタラシテーナ」
http://www.cinepre.biz/?page_id=8556
キネプレウェブショップ
https://cinepre.stores.jp/





目指せ映画監督!連載小説「フルタイム・ホビイスト」を隔週月曜に配信中!

京都ドーナッツクラブとのコラボコーナースタート!イタリア映画配給の舞台裏を紹介!

05.01 第76弾を配信!

(5/14~5/20)
「相当濃厚で癖になる味がする作品」30年越しの想いが実現、吉田大八監督最新作『美しい星』公開へ
野村雅夫さん「若手の監督の活躍目覚ましい」と注目 大阪で「イタリア映画祭2017」が開催
キネプレ5周年記念 5年間の人気記事ベスト10発表
今度の課題は『スウィート17モンスター』 映画感想交流会の第3回が大阪で開催へ
第3回 ドーナッツ的 字幕翻訳の楽しみ方/映画で旅するイタリア2017 旅のしおり

ミニシアター周辺のオススメごはん店を紹介中!

映画を作るカードゲームのリプレイを掲載中!