ヘッダ画像とロゴ
2022年10月18日(火)掲載
終了【11/13(日)夕】「愛される映画館のつくりかた」出版記念トークイベント「塚口流大企画会議」
LINEで送る

イベント名:

「愛される映画館のつくりかた」出版記念
トークイベント「塚口流大企画会議」

開催日程:11月13日(日)17:00~
開催会場:関西大学梅田キャンパス 8階ホール

表紙

キネプレのウェブサイト上で2022年1月まで連載していた「愛される映画館のつくりかた~塚口サンサン劇場の軌跡と奇跡~」が出版決定!
ウェブ累計アクセス約60,000以上、書籍化を望む声も多かった同連載を、キネプレが本にしました。
合計280ページを超えるボリュームの書籍として、11/13より発売いたします。
(出版社ではなくキネプレの自主制作書籍になるため、先行して少部数での販売になります。)

★11/7追記
イベント以降の販売は、TSUTAYA BOOKSTORE 梅田MeRISEや劇場様、ウェブでの販売を予定しています。追加の発行も残部を見ながら検討しておりますので、追って発表させていただきます。

兵庫県・尼崎市にある「塚口サンサン劇場」。
もともとは、たんなる街の映画館だったのが、2011年以降に様々な取り組みを行い、全国規模の知名度を誇るユニークな映画館になりました。
同著は、その10年間にわたる軌跡を、ずっと取材を続けていたキネプレの目線から分析し、整理したエッセイです。

今回の発売を記念して、これまでウェブに掲載した1章~11章に加え、連載完結後に執筆したコロナ禍についての第12章と、塚口サンサン劇場を応援する音響監督・岩浪美和さんのインタビュー記事を特別に追加掲載!

そしてその発売を記念したトークイベントを11/13(日)に、関西大学梅田キャンパスで開催します。

当日は「塚口流大企画会議」と題し、塚口サンサン劇場の戸村さんと、同著者のキネプレ森田、そして塚口サンサン劇場の写真撮影でもおなじみ関西キネマ倶楽部(本著でも多数の写真を使わせていただきました)が、書籍で描いた10年間を振り返りつつ、「これからのサンサン劇場」についてもざっくばらんなお話を展開します。

書籍の販売は、このイベントが最速!当日券は書籍代込みで3,300円(1ドリンク付)。
※書籍は当日会場でお渡しします。
※2冊目以降の書籍購入は定価(税込1870円)で販売します。

登壇者
■戸村文彦
塚口サンサン劇場勤務。
同劇場の番組編成やイベント企画、前説芸、SNS運用などを担当。
今年1月からはYoutubeチャンネル「映画館のある生活」を定期配信中。

■関西キネマ倶楽部
関西の映画館/映画イベント上映の情報を中心に発信するツイッターアカウントを運営。
劇場からの依頼で映画館写真も撮影。塚口サンサン劇場 公認撮影班としても活躍

■森田和幸
キネプレ編集長・ライター。2012年より塚口サンサン劇場の取材を開始。共同イベントも多数開催してきた。
キネプレサイト上で2021年11月から2022年1月まで、「愛される映画館のつくりかた〜塚口サンサン劇場の軌跡と奇跡〜」を執筆。

詳細情報
■日程
11月13日(日)

■時間
16時30分開場
17時開始
19時終了予定

■料金
3,300円(1ドリンク付き)※税込
(ドリンクはソフトドリンクのみ)
※書籍「愛される映画館のつくりかた」(定価:税込1870円)を1冊お渡しします。
※定員80名、定員になり次第予約受付終了

■予約
予約は以下のページからお願いします。
・Peatix イベントページ
https://pub-cinepre1113.peatix.com/

※Peatixサービスを利用しています。Twitter、Facebook、Googleアカウントがあればログイン・申し込みが可能です。

■注意事項

・開場までは、入り口が混雑する可能性があります。ご了承ください。
・座席は、自由席となっております。
・入り口でご予約のお名前をお伝えいただき、料金をお支払いください。またその際、ドリンクもあわせてご注文ください。なお新型コロナウィルスの感染状況によって、ドリンクはノンアルコールのみのご提供とさせていただきます。ご了承ください。
・感染対策を行いながら実施いたします。
・入り口での手指消毒、マスク着用にご協力ください。
・当日、体調がすぐれない方はご来場をご遠慮ください。

■開催会場
関西大学梅田キャンパス 8階イベントホール
大阪市北区鶴野町1番5号

■開催団体
主催:キネプレ
共催:TSUTAYA BOOKSTORE 梅田MeRISE
協力:関西大学梅田キャンパス
   塚口サンサン劇場
   関西キネマ倶楽部

■サイト
TSUTAYA BOOKSTORE 梅田MeRISE
Peatix イベントページ

LINEで送る


過去の記事 >> << 次の記事