ヘッダ画像とロゴ
2022年09月28日(水)掲載
活動写真弁士大森くみこさんが活動10周年 神戸・大阪で記念公演開催へ
LINEで送る

関西を拠点に活躍する活動写真弁士・大森くみこさんの活動10周年を迎えた記念公演が、神戸で10月2日(日)に、大阪で11月4日(金)にそれぞれ開催される。

かつべん1

大森くみこさんは、サイレント映画にその場で解説つける「活動写真弁士」。サイレント映画が隆盛を誇った1920~30年ごろの日本では、最盛期では約8,000人おり、スター弁士も多数存在したという。
現代の日本でもサイレント映画の上映は各地で行われているが、大森さんはそんな現在も活躍を続ける弁士の一人。コメディからシリアスまで、多彩な声色を使いこなしながら、様々なサイレント映画の活弁公演を行っている。

そんな大森さんの弁士デビューは2012年。以降、国内外の映画祭での出演や定期活弁ライブ、天満天神繁盛亭昼席の出演など、10年間にわたり活躍の幅を広げてきた。
その10周年の節目を記念して、神戸と大阪で活弁公演を実施する。

まず10月2日(日)13時からは、「コメディポップ編」と題し、コメディ作品や気軽に観られる短編アニメーションなどを上映。
戦前アニメの『黒ニャゴ』(3分)、『ちんころ平平玉手箱』(8分)と、「映画の魔術師」メリエスのファンタジー『妖精たちの王国』(16分)、そしてハリウッドを舞台にしたコメディ『臨時雇の娘』(68分)を届ける。
伴奏は、天宮遥さん(ピアノ)、イマイアキさん(トイ楽器・アコーディオン)、藤代敦さん(キーボード)が担当。
会場は、兵庫県神戸市のOSシネマズ神戸ハーバーランド。

かつべん2a

つづいて11月4日(金)19時15分からは、「シリアス編」を開催。日本のサイレント映画を代表する作品の一つで、大阪で制作された『何が彼女をそうさせたか』(78分)を上映する。
伴奏は鳥飼りようさん(ピアノ)、山口ももえさん(アコーディン弾き語り)が担当。上映前はアコーディオンミニライブも行われる。
会場は、大阪・十三の第七藝術劇場。

かつべん2b

チケットは両日とも発売中。詳細は各劇場ホームページへ。

かつべん4
詳細情報
■コメディポップ編
・日程
 10/2(日)13時~

・作品
 『黒ニャゴ』『ちんころ平平玉手箱』『妖精たちの王国』『臨時雇の娘』

・料金
 大人3,000円、学生(大学・専門)2,000円、小人(小学生以下)1,000円

・映画館
OSシネマズ神戸ハーバーランド
神戸市中央区東川崎町1-7-2神戸ハーバーランドumie サウスモール5F、TEL 078-360-3788

・サイト
OSシネマズ神戸ハーバーランド

■シリアス編
・日程
 11/4(金)19時15分~

・作品
 『何が彼女をそうさせたか』

・料金
 大人3,000円、学生(大学・専門)2,000円、小人(小学生以下)1,000円

・映画館
第七藝術劇場
大阪市淀川区十三本町1-7-27サンポードシティ6F、TEL 06-6302-2073

・サイト
第七藝術劇場

■サイト
活動写真弁士 大森くみこ 公式サイト

LINEで送る


過去の記事 >> << 次の記事