ヘッダ画像とロゴ
2022年01月06日(木)
今年も初笑いはクラコメで 神戸クラシックコメディ映画祭2022が開催へ

1月8日(土)~10日(月・祝)に神戸映画資料館と旧グッゲンハイム邸で、「神戸クラシックコメディ映画祭2021」が開催される。サイレント映画のスラップスティックから日本の喜劇まで、多彩なクラシックコメディを上映。

クラコメtop

毎年1月に開催している、クラシックコメディの祭典が今年も開催。
今回は、アメリカのサイレント映画時代の傑作コメディから、デンマークや東京の喜劇などを上映する。

Aプログラムは、北欧デンマークの凸凹コンビ「ファイ&ビー」による『ファイ&ビー 海辺の旅』(1927年、108分)を上映。喜劇コンビでは「ローレル&ハーディ」が有名だが、それよりも早く世界で人気を博したコンビのドタバタコメディだ。
1月8日は神戸映画資料館で楽士・鳥飼りょうさんが、1月10日は旧グッゲンハイム邸で塩屋楽団が、それぞれ伴奏を行う。

フィ&ビー1
『ファイ&ビー 海辺の旅』©デンマーク映画協会

Bプログラムでは、日本の喜劇を取り上げる。「社長シリーズ」「駅前シリーズ」などが有名で、桃屋の「ごはんですよ!」のCMの声優としても知られていたコメディアン・三木のり平さんのハイテンポ喜劇『誰よりも金を愛す』を上映する。

誰よりも金を愛す_001
『誰よりも金を愛す』©︎国際放映

アメリカのコメディ作品も多彩にプログラム。三大喜劇王の一人バスター・キートン、キートンの師匠的な存在で「デブ君」として親しまれたロスコー・アーバックル、荒唐無稽の笑いが世界を席巻したマルクス兄弟など、様々なコメディアンの作品を上映する。

恋愛三代記1
バスター・キートンの『恋愛三代記』
南瓜おやじ1
『南瓜おやじ西部へ行く』

サイレント映画には、活動写真弁士・坂本頼光さんの活弁や、鳥飼りょうさん・天宮遥さん・塩屋楽団の伴奏などがつく。
一部の上映では、ゲストをまねいての解説トークも実施する。




「神戸クラシックコメディ映画祭2022」は、1月8日(土)と9日(日)に神戸映画資料館で、1月10日(月・祝)に旧グッゲンハイム邸で、それぞれ開催予定。
現在予約受付中。予約は各会場までメールもしくは電話にて。

詳細情報
■開催日程
1月8日(土)~10日(月・祝)
・1月8日(土)
会場:神戸映画資料館
13:00~ 三木のり平『誰よりも金を愛す』
15:15~ 『南瓜おやじ西部へ行く』
16:50~ 北欧の極楽コンビ ファイ&ビー

・1月9日(日)
会場:神戸映画資料館
13:00~ ルビッチオペレッタ『ラヴ・パレード』
15:10~ ショートコメディのマエストロ 兄弟篇
16:55~ マルクス兄弟 ナウ!

・1月10日(月・祝)
会場:旧グッゲンハイム邸
13:00~ 北欧の極楽コンビ ファイ&ビー
15:20~ メーベルとファッティ(とキートン)
17:10~ 慈愛と喜劇 キートン『恋愛三代記』

■料金
・活弁・演奏付き上映(1/10)一般1,800円、中学生以下1,300円

・演奏付き上映
一般1,500円、ユース(25歳以下)・シネマ倶楽部会員1,300円、中学生以下1,000円
・上映のみ
一般1,200円、ユース(25歳以下)・シネマ倶楽部会員1,000円、中学生以下800円
※未就学児は無料

■予約受付
メールと電話で予約可能。
神戸映画資料館 info@kobe-eiga.net 078-754-8039
旧グッゲンハイム邸 guggenheim2007@gmail.com 078-220-3924

■開催会場
・1/8(土)・9(日)
神戸映画資料館
神戸市長田区腕塚町5-5-1アスタくにづか1番館北棟2F 201、TEL 078-754-8039

・1/10(月・祝)
旧グッゲンハイム邸
神戸市垂水区塩屋町3-5-17、TEL 078-202-9033

■サイト
神戸クラシックコメディ映画祭2022
神戸映画資料館
旧グッゲンハイム邸



過去の記事 >>