ヘッダ画像とロゴ
2021年09月07日(火)
大阪・京都でアニメ『ブレッドウィナー』が再上映へ 旧タリバン政権下のアフガニスタンが舞台の作品

タリバン政権の動きが国際情勢に大きな影響を与えている現在、アニメーション映画『ブレッドウィナー』が再注目されている。大阪のシネ・ヌーヴォ、京都の出町座で上映が決定。

ブレッドウィナー

1996年以降2001年まで、アフガニスタンの多くの地域を支配下に置いていたタリバン政権。いったんアメリカ合衆国の侵攻により撤退するも、それ以降も活動を拡大。2021年5月から攻勢が激化し、8月にはアフガニスタン全土を実効支配。アフガニスタン・イスラム首長国の建国を宣言するなど、国際情勢に大きな影響を与えている。

現在のタリバン政権は、2001年までの旧タリバン政権同様、イスラム法の極端な解釈に基づく支配が復活していると言われている。娯楽を禁じるという視点で、コメディアンや民族音楽の歌手の殺害なども行われており、緊迫した情勢が続いていると報道されている。

ブレッドウィナー2
(C)Cartoon Saloon

そんな情勢下にあることで、再注目されたのが、アニメーション映画『ブレッドウィナー』(2017年、94分)だ。
旧タリバン政権下のアフガニスタンを舞台にした作品で、その過酷な日常を生き抜く少女や家族を描き、第90回アカデミー長編アニメーション賞にノミネートされたほか、多数の国際的な映画賞に輝くなど大きな反響を呼んだ。

全国で今回のタイミングで、再上映が次々と決定した『ブレッドウィナー』。
関西では、大阪・九条のシネ・ヌーヴォXで9月11日(土)から9月17日(金)まで、京都の出町座で9月17日(金)から9月23日(木)まで上映予定。
ちなみに出町座では、9月17日(金)から、同じくタリバン政権下のカブールを舞台にしたアニメーション映画『カブールのツバメ』(2019年、82分)も上映する。


『ブレッドウィナー』予告編

詳細情報
■上映日程
・シネ・ヌーヴォX
 9月11日(土)〜 9月17日(金)

・出町座
 9月17日(金 〜 9月23日(木)

■映画館
シネ・ヌーヴォ
大阪市西区九条1-20-24、TEL 06-6582-1416

出町座
京都市上京区三芳町133、TEL 075-203-9862

■サイト
映画『ブレッドウィナー』公式サイト
シネ・ヌーヴォ
出町座



過去の記事 >> << 次の記事