ヘッダ画像とロゴ
2021年08月24日(火)
『七人の侍』『天国と地獄』など三船敏郎出演作6本を上映 神戸で特集企画開催へ

神戸アートビレッジセンターの25周年記念企画として、特集上映「世界のミフネ 三船敏郎」が9月18日(土)から開催される。

三船

三船敏郎さんは、戦後の日本を代表する映画俳優の一人。黒澤明監督とのタッグも多く、国際的な評価も高い。
今回は、神戸アートビレッジセンターの開館25周年特別企画として、特集上映を実施。
1日3回、三船敏郎さん出演作を1週間にわたって上映する。


『七人の侍』© TOHO CO., LTD.

上映作は黒澤明監督作からは『七人の侍』(1954年、207分)や『蜘蛛巣城』(1957年、110分)、『用心棒』(1961年、110分)、『天国と地獄』(1963年、143分)の4作品。
それ以外にも『無法松の一生』(1958年、104分)、『黒部の太陽』(1968年、196分)と、合計6作品を上映する。


『用心棒』© TOHO CO., LTD.

『天国と地獄』© TOHO CO., LTD.

『黒部の太陽』Ⓒ株式会社石原音楽出版社

KAVCシネマ 特集上映「世界のミフネ 三船敏郎」は、9月18日(土)から9月24日(金まで、神戸アートビレッジセンターで実施。9月21日(火)は休館。

また関連トークイベントとして、初日の9月18日(土)の『蜘蛛巣城』上映終了後には、三船敏郎の息子で三船プロダクション代表取締役・三船史郎さんが登壇するトークイベントも開催される。

詳細情報
■上映日程
9月18日(土)~9月24日(金)
※9月21日(火)は休館

■料金
一般1,200円、かぶっクラブ1,100円
三回券3,000円
※いずれも当日券のみの取り扱い

■映画館
神戸アートビレッジセンター
神戸市兵庫区新開地5-3-14、TEL 078-512-5500

■サイト
KAVCシネマ 特集上映「世界のミフネ 三船敏郎」
神戸アートビレッジセンター



過去の記事 >> << 次の記事