ヘッダ画像とロゴ
2021年08月11日(水)
「映画館で観たことを思い出せる素晴らしい映画」大阪・難波で『はじまりのうた』上映としんのすけさんトークショー

大阪・難波のなんばパークスシネマで8月4日(水)夜、『はじまりのうた』の上映会が開催され、映画感想TikTokerしんのすけさんのアフタートークも行われた。

しんのすけ1
なんばパークスシネマで登壇したしんのすけさん

Filmarksが主催する、映画館で名作を観るプロジェクト「プレチケ」による上映企画。
「あの名作を映画館のスクリーンで観てみたい」という映画ファンの想いをカタチにするプロジェクトとして開催されているが、今回はTikTokの映画感想で48万人以上のフォロワーを誇るしんのすけさんとのコラボ企画として実施。しんのすけさんが大好きな映画『はじまりのうた』(2013年、104分)を、大阪のなんばパークスシネマで上映した。

緊急事態宣言中の実施のため、座席は間隔をあけて半分に、終了予定時間も繰り上げ、前列は大きく開けるなど、感染対策をとって実施された同企画。約100名の来場客が訪れ、『はじまりのうた』を劇場の大画面で鑑賞した。約半分の客は初めての鑑賞となった。

上映後は、しんのすけさんが登壇し、短い時間ながらもトークを実施した。

いろんな映画の助監督を務めていたこともあったしんのすけさん。
現場の前の日はどんなに忙しくても必ず映画館で映画を見る、というのを習慣にしていたといい、実はこの『はじまりのうた』鑑賞会の翌日には、自分が監督を務める撮影の現場があるとのことで、「その前日にこんな大好きな映画を映画館で観られたことがとても幸せです」と感無量の様子。
「この映画を家で観るのと映画館で観るのは本質が違ってくるレベルで違いがあります。一度でも映画館でこの作品を観ていると、そのあと家で観た時も思い出せるんですよ。皆さんも今日映画館で観ていただいて、その良さをかみしめていただいてると思います」と呼びかけた。

しんのすけ2

「音楽のマジックが映像と音で表現されているのが、大好きな理由の一つです」と話すしんのすけさん。
「この作品は、音楽を作る映画であり、音楽が中心になって作られている映画。たとえば途中の『あれ』がバレるのが音楽がきっかけ、というのもすごい。あらゆるところで人の感情が動いていくのが、音楽がきっかけになっていて、そこに説得力があるのが珍しいですね」とコメントした。

はじまりのうた1
©️2013 KILLIFISH PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED

しんのすけさんは、オススメの作品2本もピックアップ。
まずは、8月6日(金)から公開されている『サマーフィルムにのって』。
女子高生が時代劇を作る物語で、しんのすけさんは「仲間集めをしているシーンが熱い。『はじまりのうた』もそのシーンがあって楽しいですよね。音楽も映画も、だれか1人では作れないんだけど、だれか1人は本気でないと作れない。それが痛快かつ軽快に描かれています」と紹介した。


(C)2021「サマーフィルムにのって」製作委員会

そしてこの『はじまりのうた』のジョン・カーニー監督が次に作った『シング・ストリート 未来へのうた』も紹介。「高校生がバンドを組む話で、『はじまりのうた』とテーマは似ているけどまた新しい楽しさがあります。魂が震えますよ。5年前の作品ですが、ぜひ『はじまりのうた』と見比べてみてください」と呼びかけた。


(C)2015 Cosmo Films Limited. All Rights Reserved

映画『サマーフィルムにのって』(2020年、97分)は、 イオンシネマ シアタス心斎橋、シネ・リーブル梅田 、TOHOシネマズ鳳、TOHOシネマズくずはモール、アップリンク京都で8月6日(金)から上映中。


『サマーフィルムにのって』予告編


『シング・ストリート 未来へのうた』予告編

詳細情報
■サイト
「プレチケ」公式アカウント
『サマーフィルムにのって』公式サイト


過去の記事 >> << 次の記事