ヘッダ画像とロゴ
2021年04月18日(日)
サイレント映画をピアノ生演奏で観賞! 映画鑑賞の原点を体験する無料企画が梅田で開催

大阪の映画館・テアトル梅田で3月20日(土)・21日(日)に、サイレント映画を観ながらピアノの生演奏を聞く「キネピアノ in テアトル梅田」が開催された。

002
テアトル梅田のシアター内にピアノ(左下)を設置して開催

昨年12月に開催予定だったが、新型コロナウイルス感染症の影響により延期となっていた。キネピアノは元々、大阪・天神橋筋六丁目にあるシネマパブ「ワイルドバンチ」で週2回行われている人気企画。今回ワイルドバンチを飛び出し、実際の映画館で上映、演奏が行われた。

サイレント映画に合わせてピアノを演奏するのは、日本では数少ないサイレント映画専門の楽士の鳥飼りょうさん。全ジャンルの映画に即興で伴奏をつけ、これまでに演奏した作品はなんと500以上にのぼる。ワイルドバンチのキネピアノでも毎週サイレント映画に合わせてピアノ演奏を披露している。

今回の上映作品は鳥飼さんの選んだ2作品。3月20日(土)は『キートンの大列車追跡』(1926/アメリカ/79分)、21日(日)は『散り行く花』(1919/アメリカ/88分)。加えて、両日共通で『迷惑帽子』(1909/アメリカ/3分)も上映された。
今回は大阪市の文化事業の助成を受けての開催だったため、鑑賞料が無料に。
各日50席の予約はすべて埋まり、イベント当日は上映を楽しみにする多くの観客が訪れた。

キートンの大列車追跡
『キートンの大列車追跡』
散り行く花
『散り行く花』

さらに、今回のイベントではもう一つの見どころが。「キネピアノinテアトル梅田」のポスターだ。デザインしたカズ・オオモリさんはディズニー公認のイラストレーターとして、多くのディズニー映画のUS版オフィシャル・ポスターを制作している。

cinepiano_400

そのポスターは、映画のフィルムをイメージした赤いデザインの中に、ピアノの鍵盤、そしてメインの2作品『キートンの大列車追跡』と『散り行く花』のビジュアルが描かれている。完成したポスターを見たとき、鳥飼さんは「こんないいの見たことない!びっくりしましたね」と大絶賛。イベント当日も、入場前からポスターの写真を撮る人や、上映後にポスターと記念撮影する人も多く見られ、観客にも大人気のポスターとなった。

02
劇場に掲出されたポスター

映画館で映画を観たことはあっても、ピアノの生演奏とともに映画を観るという体験をしたことのある人は少ないのではないだろうか。テアトル梅田でも、ピアノ演奏が行われるのは1990年の開館以来初めての出来事だ。
サイレント映画と生演奏というスタイルは、実は特別なものではなく欧米では普通に行われていた観賞方法。しかし、日本ではサイレント映画上映時に内容を解説する活動弁士という独自の文化が発展。その最盛期には活動弁士のトップスターともなれば時の総理大臣より給料をもらっていたと言われるほどだったと言われている。
その一方で、映像と音楽だけで映画を鑑賞する文化は日本にはなかなか根付かなかったようだ。

キネピアノはその基本的な所に立ち返り味わって貰うという企画だ。
鳥飼さんは「『楽しいからみんな観て』っていう気持ち。元々サイレント映画は演奏が付いているのが基本なので、これが映画そのものなんです。これが映画館でずっと、3、40年行われていた。その興奮を味わっていただいて、いろんな映画の楽しみを感じていただけたらと思います」と語っていた。

cinepianoテアトル
シアター内で鳥飼さんがピアノを演奏する

初日となった20日は、観客は『キートンの大列車追跡』を最初は静かに観ていたが、鳥飼さんの伴奏だけにとどまらない、鉄砲や細かな物音まで表現するピアノと、キートン演じるジョニー・グレイが次々と襲いかかる困難を見事に、そしてコミカルに切り抜ける様子が合わさり、段々と観客の笑い声も大きくなり大いに盛り上がりを見せた。

そして上映後には、場内が明るくなると同時に観客からは自然と拍手が。鳥飼さんが観客の方を振り返り「いかがでしたでしょうか?」と問いかけるとさらに大きな拍手が沸き起こった。「キネピアノinテアトル梅田」はスクリーンの前にいる全員が映画を楽しみ、一体感のあるイベントとなって幕を閉じた。

「キネピアノ」は、ワイルドバンチでは「短編映画を、ドリンク片手に楽しむ」企画として継続して開催されている。

一方で、新たな劇場での開催も決定。
次回は兵庫県尼崎市の塚口サンサン劇場で5月8日(土)と9日(日)に、「キネピアノ in 塚口サンサン劇場」として実施される。
上映作品は、テアトル梅田で上映した『キートンの大列車追跡』と同じく喜劇王バスター・キートンの、別の長編作『キートンの蒸気船』と、アニメーション映画の創始者のひとりとして知られているウィンザー・マッケイのアニメ特集。詳しくは塚口サンサン劇場のお知らせページを見てほしい。

詳細情報
■次回開催日程
5月8日(土)12:50~14:20
作品:『キートンの蒸気船』

5月9日(日)12:50~14:20
作品:ウィンザー・マッケイのアニメ特集

■料金
劇場通常料金

■開催会場
塚口サンサン劇場
尼崎市南塚口町2-1-1、TEL 06-6429-3581

■サイト
塚口サンサン劇場
塚口サンサン劇場 イベント紹介ページ



過去の記事 >> << 次の記事