ヘッダ画像とロゴ
2019年04月26日(金)
多彩な作り手の映画50本を一挙上映、落語・音楽ライブも 大阪で「春のドラゴン映画祭」開催へ

映画の作り手たちによる作品50本が一挙上映される「春のドラゴン映画祭」が、4月29日(月・祝)に大阪・芦原橋のSALT VALLEYで開催される。落語、音楽ライブ、空手、殺陣なども。

01

「ドラゴン映画祭」は、映画制作・プロデュースを行う川本貴弘さんが最初、個人の主催でスタートさせた映画上映イベント。2016年10月に第1回、2017年7月に第2回を実施し、2018年4月の第3回で会場のSALT VALLEYとの共同開催となり規模を拡大。今回で4回目となる。

もともと、「苦労して撮った作品を眠らせるのは嫌だったので、個人的にライブハウスやカフェでよく自分の映画を上映していた」という川本さん。知り合った監督を誘っていったら作品が増えていき、「じゃあ映画祭でもやろうか」という感じで始めたとのこと。

昨年の第3回も、多数の方が来場し人気になったという。それを受ける形で、前回の16作品から、今回は29監督の50作品と規模を拡大した。

会場のSALT VALLEYの建物をフル活用し、3階にシアターを1つ、2階にシアターを2つ設置。合計3シアターで、さまざまな短編・中編・長編映画、合計50本を入れ替わり上映する。

02
03

当日は上映以外にも盛りだくさん。
昨年に続き、関西小劇場の役者たちによる落語ユニット「役者落語一門 焼酎亭」による落語の寄席があるほか、空手道 豊空会や殺陣、書道、ダンスなどのパフォーマンスも実施。

04

屋外ステージも登場し、7組のミュージシャンがライブ演奏を披露する。5店舗の飲食店も出店し、フードや飲み物を提供する予定だという。

05

「第4回春のドラゴン映画祭」は4月29日(月・祝)の9時~20時まで開催。料金は3,000円(1ドリンク付き)。チラシ持参で500円オフ。場所は大阪・芦原橋駅近くのSALT VALLEY。

詳細情報
■開催日程
4月29日(月・祝)
 9時~20時

■料金
3,000円(1ドリンク付き)

■開催会場
芦原橋SALT VALLEY
大阪市浪速区浪速東1-2-3

■サイト
春のドラゴン映画祭 公式ツイッター
芦原橋SALT VALLEY



過去の記事 >> << 次の記事

「ワイルドバンチ」は大阪・天神橋筋六丁目のブックカフェバーです。
キネプレがコラボして、店内で多数の映画イベントを開催中!(以下一部)


mybookshop

12.05 映画館について語る連載企画。シネマート心斎橋・横田支配人のコラムを配信!

09.01 第92弾を配信!

ミニシアター周辺のオススメごはん店を紹介中!

映画を作るカードゲームのリプレイを掲載中!