ヘッダ画像とロゴ
2019年04月05日(金)
書店を開き奮闘する女性描く『マイ・ブックショップ』 関西でも公開スタート

書店を開店した女性の物語を描く映画『マイ・ブックショップ』が、関西でも公開がスタート。シネ・リーブル梅田、京都シネマで上映中。

db4c9f940f115626

原作となるのは、イギリスの文学賞ブッカー賞を受賞したペネロピ・フィッツジェラルドの同名小説。
1959年のイギリス、書店が1軒もないある町で、戦争で亡くなった夫との夢だった書店を開業しようとする女性フローレンスの奮闘を描く。
監督は『死ぬまでにしたい10のこと』『しあわせへのまわり道』のイザベル・コイシェ監督。
フローレンス役は『メリー・ポピンズ リターンズ』のエミリー・モーティマーが演じている。

640
(C)2017 Green Films AIE, Diagonal Televisio SLU, A Contracorriente Films SL, Zephyr Films The Bookshop Ltd.

保守的な町で、古民家を手に入れて書店を開くも、周囲の嫌がらせや困難にあうフローレンス。その奮闘も見どころだが、古き良きイギリスの街並みや風景、雑貨・ファッションなどにも注目したい一作だ。

同作は3月9日(土)より東京で公開がスタート。関西では3月29日(金)より上映が始まった。
映画関係者によると、関西でも動員は好調。すでに話題になり始めているという。

映画『マイ・ブックショップ』はシネ・リーブル梅田で3月29日(金)から、京都シネマで3月30日(土)から、それぞれ上映中。
今後は神戸の元町映画館、宝塚のシネ・ピピアで5月25日(土)から上映予定、塚口サンサン劇場でも公開が予定されている。


映画『マイ・ブックショップ』予告編

詳細情報
■上映日程
・シネ・リーブル梅田
 3月29日(金)~

・京都シネマ
 3月30日(土)~

・元町映画館
 5月25日(土)~

・宝塚シネ・ピピア
 5月25日(土)~

・塚口サンサン劇場
 近日公開予定

■映画館
シネ・リーブル梅田
大阪市北区大淀中1-1-88梅田スカイビルタワーイースト3F・4F、TEL 06-6440-5930

京都シネマ
京都市下京区烏丸通四条下ル水銀屋町620番地COCON烏丸3F、TEL 075-353-4723

■サイト
映画『マイ・ブックショップ』公式サイト
シネ・リーブル梅田
京都シネマ



過去の記事 >> << 次の記事

「ワイルドバンチ」は大阪・天神橋筋六丁目のブックカフェバーです。
キネプレがコラボして、店内で多数の映画イベントを開催中!(以下一部)


mybookshop

12.05 映画館について語る連載企画。シネマート心斎橋・横田支配人のコラムを配信!

09.01 第92弾を配信!

ミニシアター周辺のオススメごはん店を紹介中!

映画を作るカードゲームのリプレイを掲載中!