ヘッダ画像とロゴ
2018年09月27日(木)
野村周平さんが関西弁で爆笑挨拶 梅田で『純平、考え直せ』出演者・監督が登壇

9月23日(日)に、大阪のテアトル梅田で映画『純平、考え直せ』の舞台挨拶が開催。上映後に野村周平さん、柳ゆり菜さん、森岡利行監督が登壇した。

淳平1
森岡利行監督(写真左)、野村周平さん(中央)、柳ゆり菜さん

本作は、直木賞作家の奥田英朗著『純平、考え直せ』の実写化作品。一人前の男になることを夢見ながら、組の雑用に追われる日々を送る新宿・歌舞伎町のチンピラの坂本純平。そんな純平がある日、対立する組の幹部の命をとってこいと命じられる。「これで一人前の男になれる」と気負い立つ純平が、OLの加奈と出会い、実行までの3日間を共に過ごすことになるという物語だ。

当日は盛大な拍手に迎えられ、監督とキャストの3名が登壇。冒頭の挨拶で野村さんが「生粋の阪神タイガースファンとは僕のことでございます」と関西弁風で語り、観客の笑いを誘った。
大阪出身なので、地元に帰ってきたような感覚でうれしいと語る柳さん。「この映画はとても熱い作品です。関西は大人数で盛り上がれる熱い性格の人が多いイメージなので、大阪の皆さんの肌に合うのではないかと思います」と自信たっぷり。同じく大阪出身の森岡監督も「大阪で上映できるのはとてもうれしいです」と、地元への愛を語った。
完成した映画を観ての感想を聞かれた野村さんは、「皆さんはどうでしたか?よかったですか?」と観客にも呼び掛け、客席からは大きな拍手が。劇中にヒロインの加奈が関西弁で話すシーンがあることについて柳さんは「普段は仕事上の都合で標準語を使わなければいけないので、関西弁でしゃべると注意されるんです。なので、ダメなことをしているような感覚になりました(笑)」と振り返る。

純平2

森岡監督は「純平と加奈が初めて出会うシーンでカットをかけなかったら、2人で勝手にアドリブを掛け合ったりしてました。そういうところが好きでした」と撮影の裏話を語った。

純平3

小説の実写化である本作。野村さんは「原作があると答えが書いてあるのでやりやすいですね。ただ、今作の様に小説だと、皆さんがどういうイメージを持っているのかを想像しないといけないので、難しい部分もあります」とのこと。
一方柳さんが演じる加奈は、ほとんど映画のために作られたキャラクター。「歌舞伎町で働いでいる設定なので、実際に足を運んでどんな女の子がいるのか研究しました」と、役作りについて語ってくれた。

純平4

終了の時間を迎え、野村さんが「本日はご来場いただき誠にありがとうございました。SNSと融合している部分がある面白い作品なので、SNSのいいところ、悪いところを再確認していただいて、そのうえで感想を書き込んで、『純平、考え直せ』という作品を広めていただきたいと思います」と観客に呼び掛けた。柳さんは「大阪で上映できることは、私にとって特別で嬉しい」と終始地元での上映を喜んでいる様子。
最後に森岡監督が「2人が魂を込めて演じてくれた作品です。皆さまぜひ宣伝のほどよろしくお願いします」とアピールした。

純平5

映画『純平、考え直せ』は大阪のテアトル梅田・シネヌーヴォ梅田と、京都シネマ・元町映画館などで公開中。


映画『純平、考え直せ』予告編

詳細情報
■上映日程
9月22日(土)~

■サイト
映画『純平、考え直せ』公式サイト



過去の記事 >> << 次の記事

大阪・天六のブックカフェバー「ワイルドバンチ」が、キネプレとのコラボでリニューアルオープン!
店内で多数の映画イベントを開催中!

2018年11月開講の第7期、いよいよ開講!

10.10 映画館について語る連載企画。藤澤さなえさんのコラムを配信!

autumntop
singstreet
10/20(土)に無料の野外上映会開催!
大阪・中津の公園で『シング・ストリート』上映!

目指せ映画監督!連載小説「フルタイム・ホビイスト」を配信中!

08.01 第91弾を配信!

ミニシアター周辺のオススメごはん店を紹介中!

映画を作るカードゲームのリプレイを掲載中!