ヘッダ画像とロゴ
2018年08月24日(金)
大阪・十三で「夏のホラー秘宝まつり2018」開催へ ネットで大反響の『ファミリー☆ウォーズ』も上映

大阪・十三のシアターセブンで8月25日(土)より「夏のホラー秘宝まつり2018」が開催。新作5本・旧作1本が上映される。先日ネット上で話題となった『ファミリー☆ウォーズ』の上映も。

ホラー秘宝top

「夏のホラー秘宝まつり2018」は、キングレコードによるホラー映画レーベル「ホラー秘宝」と連携した特集企画。2014年にスタートし、「観客参加型のホラー映画祭」として毎年開催されてきた。
5回目を迎える今年は、新作の邦画5本と旧作を上映。東京のキネカ大森、名古屋のシネマスコーレ、大阪・十三のシアターセブンで8月25日(土)から同時開催される。

大阪で上映されるのは、新作5本と旧作1本。
新作は、『ファミリー☆ウォーズ』、『ハングマンズ・ノット』(ともに阪元裕吾監督)、『怪談新耳袋Gメン冒険編 前編』『怪談新耳袋Gメン冒険編 後編』(ともに佐藤周監督)、『心霊ツアーズ』(窪田将治監督)。旧作は『ジーパーズ・クリーパーズ』。
『ファミリー☆ウォーズ』は、その内容がインターネット上で話題になった作品。7人家族の祖父が認知症を発症し、運転中に子供をひき殺してしまう。その祖父を家族総出で殺そうとするところから家族同士の殺し合いが始まるブラック・コメディだ。監督の作品紹介のツイートが3万以上リツイートされるなど話題となった。

ファミリー

6作品は、2週間かけて交互に上映。毎日2作品が入れ替わりながら上映されていく。8月25日(土)には、『怪談新耳袋 Gメン冒険編 後編』上映にあわせて木原浩勝さんの、8月26日(日)には『ファミリー☆ウォーズ』上映にあわせて監督・出演者たちのトークが予定されている。9月2日(日)にも『怪談新耳袋Gメン冒険編 前編』『怪談新耳袋Gメン冒険編 後編』の監督トークが開催予定。

新耳袋

「夏のホラー秘宝まつり2018」は、大阪・十三のシアターセブンで8月25日(土)から9月7日(金)まで開催。


映画『ファミリー☆ウォーズ』予告編

詳細情報
■上映日程
8月25日(土)~9月7日(金)

■料金
・新作
一律1,500円、会員1,000円

・『ジーパーズ・クリーパーズ』
一律1,100円、会員1,000円

■映画館
シアターセブン
大阪市淀川区十三本町1-7-27サンポードシティ5F、TEL 06-4862-7733

■サイト
夏のホラー秘宝まつり2018(シアターセブン)
シアターセブン



過去の記事 >> << 次の記事

「ワイルドバンチ」は大阪・天神橋筋六丁目のブックカフェバーです。
キネプレがコラボして、店内で多数の映画イベントを開催中!(以下一部)



12.05 映画館について語る連載企画。シネマート心斎橋・横田支配人のコラムを配信!

09.01 第92弾を配信!

ミニシアター周辺のオススメごはん店を紹介中!

映画を作るカードゲームのリプレイを掲載中!