ヘッダ画像とロゴ
2018年07月10日(火)
梅田の地下に巨大トリケラトプスが登場 大阪で「ジュラシックの世界展」が開催

『ジュラシック・パーク』シリーズ最新作の公開に合わせて、「ジュラシックの世界展 IN 梅田」がスタート。第1作の撮影に使用された実際の造形物が、梅田ブルク7、イーマ、ディアモール大阪で展示中。

jtop
ディアモール大阪のファッショナブルストリート

映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』は、ハリウッドの大人気シリーズの最新作。7月13日(金)より全国ロードショーが予定されている。

それに関連して、梅田ブルク7とイーマ、ディアモール大阪で「ジュラシックの世界展 IN 梅田」がスタート。この3施設に、それぞれ「スペシャル・デコレーション」を展開している。映画館を飛び出した実際の恐竜の姿を楽しむことができる。

j03
梅田ブルク7のロビー

まず梅田ブルク7には、ロビーでティラノサウルスの脚を展開。イーマの地下1階アトリウムスペースでは、ヴェロキラプトルの卵を展示する。そしてディアモール大阪の地下2階ファッショナブルストリートでは、実物大のトリケラトプスを大きく設置。その迫力を間近で堪能できる。

j02
イーマ地下1階アトリウムスペース
j04

それぞれ、提供は高知県にある海洋堂ホビー館四万十より。実際にシリーズ第一作『ジュラシック・パーク』の撮影にも使用されたものだという。

併せて、スペシャルキャンペーンも開催。ディアモール大阪の大理石に眠るジュラ紀・白亜紀の化石を発見する「化石探索フォトツアー」と、映画チケットの半券で応募できる「映画鑑賞プレゼントキャンペーン」を行う。それぞれ、オリジナルグッズが当たるチャンスが。

「ジュラシックの世界展 IN 梅田」は、8月31日(金)まで開催。
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』は7月13日(金)より全国ロードショー。


映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』予告編

詳細情報
■開催日程
6月29日(金)~8月31日(金)

■映画館
梅田ブルク7
大阪市北区梅田1-12-6E-MA(イーマ)ビル7F、TEL 06-4795-7602

■サイト
映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』公式サイト
梅田ブルク7



過去の記事 >> << 次の記事

「ワイルドバンチ」は大阪・天神橋筋六丁目のブックカフェバーです。
キネプレがコラボして、店内で多数の映画イベントを開催中!(以下一部)



12.05 映画館について語る連載企画。シネマート心斎橋・横田支配人のコラムを配信!

09.01 第92弾を配信!

ミニシアター周辺のオススメごはん店を紹介中!

映画を作るカードゲームのリプレイを掲載中!