ヘッダ画像とロゴ
2018年06月08日(金)
是枝監督も高い評価 大阪の映画助成企画で生まれた『見栄を張る』が関西凱旋公開

大阪の映画制作助成プロジェクト「CO2」から生まれた藤村明世監督の『見栄を張る』が、大阪・九条のシネ・ヌーヴォで6月9日(土)から公開される。元町映画館・ジストシネマ和歌山でも上映。

mieomote

「CO2」とは、大阪を映像文化の創造・発展拠点にすることを目指し、映画制作者の人材発掘・育成を行ってきたプロジェクト「シネアスト・オーガニゼーション大阪」(CO2)のことで、同作はその第12回助成作品に選ばれた3本のうちの1つ。
監督を手掛けたのは、本作が長編デビューとなる藤村明世さん。第36回ぴあフィルムフェスティバルなどで評価された新鋭監督で、先日カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞した『万引き家族』の是枝裕和監督がプロデュースする短編オムニバス『十年』のうちの1本も担当している。

物語は、葬式で参列者の涙を誘うための「泣き屋」という仕事の女性を描いており、主人公の28歳の売れない女優・絵梨子を、久保陽香さんが務めている。

main
(C)AKIYO FUJIMURA

同作には是枝監督からもメッセージが寄せられており、
「人は何故泣くのか?生者への見栄なのか、死者への浄化なのか?未熟な女優である主人公は、泣くことを職業にした姉の存在を通して、泣くことの、そして、女優であることの意味を考えていく。爽やかな読後感の残る好編」と評価されている。

sub1
(C)AKIYO FUJIMURA
sub6
(C)AKIYO FUJIMURA

東京・渋谷のユーロスペースなどで、今年3月末より上映されていた本作。今回は、大阪をはじめ関西への凱旋上映となる。

映画『見栄を張る』は、大阪・九条のシネ・ヌーヴォで6月9日(土)から6月29日(金)まで、神戸・元町映画館で6月16日(土)から6月22日(金)まで、ジストシネマ和歌山で6月15日(金)から6月28日(木)まで、それぞれ上映予定。


映画『見栄を張る』予告編

詳細情報
■上映日程
・シネ・ヌーヴォ
 6月9日(土)~6月29日(金)

・元町映画館
 6月16日(土)~6月22日(金)

・ジストシネマ和歌山
 6月15日(金)~6月28日(木)

■映画館
シネ・ヌーヴォ
大阪市西区九条1-20-24、TEL 06-6582-1416

元町映画館
神戸市中央区元町通り4-1-12、TEL 078-366-2636

ジストシネマ和歌山
和歌山市松江向鵜ノ島1469-1、TEL 073-480-5800

■サイト
映画『見栄を張る』公式サイト
シネ・ヌーヴォ
元町映画館
ジストシネマ和歌山



過去の記事 >> << 次の記事

大阪・天六の古書店カフェバー「ワイルドバンチ」が、キネプレとのコラボでリニューアルオープン!

06.20 映画館について語る連載企画。歌人・奈良絵里子さんのコラム第3回を配信!

目指せ映画監督!連載小説「フルタイム・ホビイスト」を配信中!

06.01 第89弾を配信!