ヘッダ画像とロゴ
2018年05月17日(木)
大阪・天六の「ワイルドバンチ」がリニューアル後初イベント 映画とウィスキーの関係をトーク

リニューアルオープンした大阪・天神橋筋六丁目のブックカフェバー「ワイルドバンチ」で、5月14日(月)、エッセイスト武部好伸さんによるトークイベント「ウイスキー&シネマ」が開催された。

takebe1
武部好伸さん

「ワイルドバンチ」は、大阪・天神橋筋六丁目にあるブックカフェ。映画関係をはじめ多数の古書・古雑誌を購入・閲覧できる古書店と、カフェ・バーの機能を兼ね備えた場所として営業してきた。
最初の店主が亡くなり、2015年秋以降は不定期営業となっていたが、2018年5月より映画サイト「キネプレ」がコラボして再オープン。キネプレ編集長が新店長となり、運営を再開した。

今回は、そのこけら落とし的なイベント。映画、お酒、書籍と同店に関連する3つの要素を掛け合わせ、武部さんによる「映画とウィスキーの関係をひもとく」トークを実施した。
武部好伸さんは、元・読売新聞の記者。現在は映画やウイスキー、ケルト文化などをテーマにエッセイストとして活躍している。
自身が愛する「映画」の中の「ウイスキー」にまつわるエッセイをまとめた『ウイスキー アンド シネマ 琥珀色の名脇役たち』を2014年に刊行。その続刊『ウイスキー アンド シネマ2 心も酔わせる名優たち』が2017年11月が発売された。

takebe3
ウィスキーとの出会いを語る武部さん

定員20名としていた会場は満席に。参加者はお酒を飲みながら、武部さんの2時間弱に及ぶトークを堪能した。
途中、武部さんは、様々な映画作品に出てきたウィスキーとその歴史についても言及。一部は店内に実際に用意されており、「ぜひ味わってみて」と呼びかけた。
イベント終了後も武部さんは会場に残り、参加者たちと交流。実際にトークイベントで取り上げたウィスキーを堪能する参加者もおり、映画とウィスキーの話題が参加者同士でも交わされていた。

takebe2
武部さんのわかりやすく楽しいトークを堪能する来場者

「ワイルドバンチ」は、現在16時~24時営業。定休日は月曜・火曜。場所は大阪市北区長柄中1-4-7、「天神橋筋六丁目」駅2番出口より徒歩2分。

カフェ・バー使用が可能で、コーヒー、ソフトドリンク、ウィスキー、ビール、カクテルなどを提供する。
店内には、多数の映画ポスターやチラシ、映画関係の古書・雑誌を取りそろえるほか、一角では最新映画の予告編を流したり、映画・イベントのチラシの設置も行う。BGMは、映画音楽や映画で使用された楽曲をセレクトしている。

詳細情報
■営業日・時間
営業時間:16時~24時(23時30分ラストオーダー)

定休日:月曜・火曜

■住所
ブックカフェ ワイルドバンチ
大阪市北区長柄中1-4-7-1F)

map

■サイト
「ワイルドバンチ」(キネプレ内ページ)
『ウイスキー アンド シネマ2 心も酔わせる名優たち』
武部好伸さんブログ
ウィスキーと映画の美味しい関係ひもとく 大阪・天六で武部好伸さんトーク



過去の記事 >> << 次の記事

大阪・天六の古書店カフェバー「ワイルドバンチ」が、キネプレとのコラボでリニューアルオープン!

06.20 映画館について語る連載企画。歌人・奈良絵里子さんのコラム第3回を配信!

目指せ映画監督!連載小説「フルタイム・ホビイスト」を配信中!

06.01 第89弾を配信!