ヘッダ画像とロゴ
2018年03月06日(火)
日本未公開の新作中国映画9作品を一挙上映 梅田で中国映画祭開催へ

日本未公開の新作中国映画を一挙に上映する「中国映画祭『電影2018』」が、3月10日(土)から阪急うめだホール・梅田ブルク7で開催される。日中の国交正常化45周年を記念したイベント。

china_top

中国映画祭は、日本初公開の中国映画などを上映する映画イベント。2017年に、日中両国の国交正常化45周年を迎えたことを記念し、国際交流基金と公益財団法人ユニジャパン(東京国際映画祭事務局)、上海国際影視節有限公司(上海国際映画祭事務局)が、中国3都市で日本映画の上映会を開催。
それに続く形で今年2018年に、「中国映画祭『電影2018』」が企画された。2018年は日中友好条約締結40周年の年でもあり、担当者は「この映画祭が日中両国の文化交流の発展の一助となることを期待しています」とコメントしている。

上映されるのは、アクション映画からコメディ、ミステリーなど多彩なジャンルの中国映画。
3月10日(土)の阪急うめだホールでの『芳華-Youth-』上映からスタートし、3月11日(日)・12日(月)は梅田ブルク7で、『無言の激昂』『追跡』『シティ・オブ・ロック』『奇門遁甲』『ライスフラワーの香り』『無敵名人の最強食譜』『乗風破浪~あの頃のあなたを今想う』『南極の恋』と、合計9作品の上映が予定されている。
すべて、2017年以降の新作の中国映画で、日本では初公開となる。

中国映画祭「電影2018」は、大阪では3月10日(土)から3月12日(月)まで、阪急うめだホールと梅田ブルク7で開催。前売・当日=1,300 円、座席により追加料金あり。

詳細情報
■開催日程
3月10日(土)~3月12日(月)

■上映スケジュール
3月10日(土) 阪急うめだホール
 15時30分~『芳華-Youth-』

3月11日(日) 梅田ブルク7
 10時20分~『無言の激昂』
 13時30分~『追跡』
 16時40分~『シティ・オブ・ロック』
 19時50分~『奇門遁甲』

3月12日(月) 梅田ブルク7
 11時20分~『ライスフラワーの香り』
 13時40分~『無敵名人の最強食譜』
 16時20分~『乗風破浪~あの頃のあなたを今想う』
 18時50分~『南極の恋』

■料金
前売・当日=1,300 円、座席により追加料金あり。

■映画館
阪急うめだホール
大阪市北区角田町8−7阪急百貨店うめだ本店9階)

梅田ブルク7
大阪市北区梅田1丁目12−6

■サイト
中国映画祭「電影2018」



過去の記事 >> << 次の記事

大阪・天六の古書店カフェバー「ワイルドバンチ」が、キネプレとのコラボでリニューアルオープン!

08.08 映画館について語る連載企画。藤澤さなえさんのコラムを配信!

目指せ映画監督!連載小説「フルタイム・ホビイスト」を配信中!

06.01 第89弾を配信!