ヘッダ画像とロゴ
2018年02月28日(水)
知英さん、大阪の舞台挨拶で「何回も観て、わろてんか〜!」 関西弁で映画『レオン』PR

公開中の映画『レオン』の舞台挨拶が2月25日(日)大阪・梅田ブルク7で開催され、主演の知英(ジヨン)さんと塚本連平監督が登壇。笑いに厳しい大阪で、観客から「最高!」との声を受けた2人は喜びの表情を浮かべた。

1

映画『レオン』は、地味なOL・小鳥遊玲音(たかなしれお)と女好きワンマン社長・朝比奈玲男(あさひなれおん)が交通事故をきっかけに心と体が入れ替わってしまうスイッチング・コメディ。
長編映画初主演となる知英さんが、振り切ったオッサン演技でコメディエンヌっぷりを披露。女好きのワンマン社長を演じた竹中直人さんは、唯一無二の竹中ワールドで観客を笑いの渦に巻き込む。共演には山崎育三郎さん、大政絢さん、吉沢亮さんら人気俳優たちが勢揃い。映画『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』を手掛けた塚本連平監督がメガホンをとった。

2
(C) 清智英・大倉かおり/講談社・2018映画「レオン」製作委員会

上映終了後に登場した2人。名古屋、京都の舞台挨拶を経て、全国キャンペーンの締めくくりを「日本で一番笑いに厳しい」大阪で迎えた。知英さんが観客に「たくさん笑えましたか?」と話すと、観客から「最高!」「感動しました!」などの声が。知英さんは「上映後ということで、映画を観た皆さんの顔がキラキラしてて嬉しい。もしかしたら、この映画を観て元気をもらったのかな」と嬉しそうな表情で返した。塚本監督は竹中さんがいない舞台挨拶に若干の不安を感じていると明かし「いつもは竹中さんと一緒なので、僕はただ笑って見ているだけでよかった。2人だと少しは喋らなきゃい。面白くするのは無理ですよ」と苦笑いしながら挨拶した。

「他の出演者もそうですが、知英さんの振り切った演技がすごかった」と撮影を振り返る塚本監督。中でも知英さんが怪獣に扮するシーンについて「すごい表情をしていた。彼女も『女優生命がこれでダメになっちゃう』って言いながら演じていた」と話した。このシーンについて知英さんは「実は一回撮ったときにやりすぎて…」と撮り直していたことを明かし「(劇中の)顔よりちょっと酷すぎて、もうちょっと抑えて撮ろうかって話になったんです(笑)」と説明。塚本監督からは「『銀魂』の橋本環奈さんよりすごい顔をしていました」と暴露されると、知英さんも「それが出てたらヤバいなと思っていたので、撮り直してよかったです」と話し、会場を笑わせた。

3
撮影中の裏話を披露する知英さんと塚本連平監督

撮影中の様子を振り返るうえで、忘れてはならない竹中さんの存在。知英さんは「撮影中、竹中さんとずっと遊んでました。小学生の男の子みたいに。そこに大政さんも一緒になって、3人でいると女子会みたいな感じでした」と雰囲気の良い撮影現場だったと話す。竹中さんがオナラの音を真似して知英さんを困らせたり、エアー吹き矢をしてリアクションを求めたりするなどのイタズラが流行っていたそう。塚本監督は「竹中さんはマイペースだけど、いろんな人に気を遣ってくださる」と竹中さんの別の一面も明かした。

今回、心と体が入れ替わる非現実的な設定に挑戦した知英さん。「実際には起こらないので、本当の気持ちはわからない。だけど、自分は男だって思いで演じていたら、本当に『私、男なのかな?』って気持ちになった」と演じるうえで新しい発見があったとコメント。また、年上の男性の言葉使いや動作を演じるのが難しかったと話し、撮影期間中は男性をよく観察していたと明かす。「女性の動きと全然違う。走り方もヒールに慣れていない感じにして、座るときもちょっと足を開くようにした」と苦労したポイントを挙げた。

4
オッサン演技についての苦労を明かす知英さん

塚本監督は心と体が入れ替わる設定だからこそ「どうやってこのキャラを繋げようかと考えていた」と明かす。しかし、途中から気にしなくなったと話し、その理由を「竹中さんは髭を触る癖を繋げようと思っても本能に従って動く人なので、決め事が決め事にならない(笑)」と、それぞれが思うキャラクターを演じてもらうおうと方向転換。知英さんも「クランクインの前はすごく迷ったけど、それっぽくなってますよね」と話し、塚本監督は「リピート鑑賞の際には、繋がっているようで繋がっていないキャラクターに注目してほしい(笑)」とユニークに語った。

フォトセッション後には、観客も写真撮影OKのサプライズが。10秒間という限られた時間だったため、連写音が響き渡り、知英さんも驚きながら観客に笑顔を振りまいた。そして「もっとこの映画が広がっていけばいいなと思っています。今日撮った写真をSNSにアップしてくれたら最高!」とSNSでの拡散を呼び掛けた。

最後の挨拶で塚本監督は「この映画を楽しんでくれたのなら、他の人に『面白かったよ』と言ってもらえたら嬉しい。もし、そうじゃなかったら、心の中に秘めていてもらえれば…」とユーモアたっぷりにコメント。知英さんは「何回も観て、わろてんか〜!」とキュートな関西弁でアピールし、舞台挨拶を締めくくった。

映画『レオン』は、全国公開中。


映画『レオン』予告編

詳細情報
■サイト
映画『レオン』公式サイト


過去の記事 >> << 次の記事

大阪・天六のブックカフェバー「ワイルドバンチ」が、キネプレとのコラボでリニューアルオープン!
店内で多数の映画イベントを開催中!

2018年11月開講の第7期、いよいよ開講!

10.10 映画館について語る連載企画。藤澤さなえさんのコラムを配信!

autumntop
singstreet
10/20(土)に無料の野外上映会開催!
大阪・中津の公園で『シング・ストリート』上映!

目指せ映画監督!連載小説「フルタイム・ホビイスト」を配信中!

08.01 第91弾を配信!

ミニシアター周辺のオススメごはん店を紹介中!

映画を作るカードゲームのリプレイを掲載中!