ヘッダ画像とロゴ
2017年11月15日(水)
神戸で「映画の初めて」特集企画 エジソンの無声映画生演奏上映などを3日間開催

神戸アートビレッジセンターで、特集上映「『映画の初めて』集めました」が11月17 日 (金)から3日間開催される。エジソンのキネトスコープ13作品の解説・演奏付き上映など「映画の初めて」を上映。

kinetoscope1

世界で最初の映画と呼ばれている、エジソンが発明した世界初の映写機「キネトスコープ」による作品は、日本では1896年に神戸・花隈の神港倶楽部で初めて一般公開。そのことから、神戸が「日本の映画上陸の地」と呼ばれている。
今回はその神戸の地で、特集上映「神戸開港150年記念上映〜映画初上陸は神戸だった〜「『映画の初めて』集めました」を実施。映画の「初めて」にまつわる作品を上映する。

まずは、『キネトスコープ神戸上陸記念:エジソンの映画1895~1908』と題し、キネトスコープで上映されていた映画13作品を、解説・生演奏付きで上映する。
生演奏は、サイレント映画伴奏者の鳥飼りょうさんが担当。解説は、プラネット・スタジオ・プラスワン代表の富岡邦彦さんが行う。

The-John-C.Rice-May-Irwin-Kiss1896-002
13作品のうちの1つ「メイ・アーウィンの接吻」

また、日本初のトーキー映画(音声あり映画)である『マダムと女房』、日本初めてのカラー作品『カルメン故郷に帰る』の上映も行う。

担当者は「映画作品を楽しむと同時に当時を振り返り、 その歴史を改めて紹介する特集上映になります」とPRする。

dbfb9973fbf2e60864a7a2cc61887ac2-810x1024
『カルメン故郷に帰る』(c)1951松竹株式会社

特集上映「『映画の初めて』集めました」は、神戸アートビレッジセンターで11月17日(金)から11月19日(日)までの3日間開催。
料金は『エジソンの映画1895~1908』が一般1,500円、『マダムと女房』と『カルメン故郷に帰る』がそれぞれ一般1,000円。会員割引あり。3回券は3,000円。

詳細情報
■開催日程
11月17日(金)~11月19日(日)

11月17日(金)
 13時45分『マダムと女房』
 15時『カルメン故郷に帰る』
 17時『エジソンの映画1895~1908』解説・生演奏あり

11月18日(土)・19(日)
 11時『エジソンの映画1895~1908』解説・生演奏あり
 13時『マダムと女房』
 14時20分『カルメン故郷に帰る』

■料金
『エジソンの映画1895~1908』
一般1,500円、かぶっクラブ1,300円

『マダムと女房』『カルメン故郷に帰る』
一般1,000円、かぶっクラブ800円

3回券3,000円

■映画館
神戸アートビレッジセンター
神戸市兵庫区新開地5-3-14、TEL 078-512-5500

■サイト
神戸アートビレッジセンター



過去の記事 >> << 次の記事