ヘッダ画像とロゴ
2017年11月10日(金)
『かの鳥』の大阪先行上映会&初日舞台挨拶を連続レポート 蒼井優さん、阿部サダヲさんら登壇

オール関西ロケで撮影された『彼女がその名を知らない鳥たち』が全国公開中。大阪・梅田ブルク7にて公開前に先行上映会、公開初日には舞台挨拶が行われ、主演の蒼井優さん、阿部サダヲさんなど豪華キャスト陣と白石和彌が登壇した。

5

映画『彼女がその名を知らない鳥たち』は、沼田まほかるさんの同名小説を『凶悪』や『日本で一番悪い奴ら』を手掛けた白石和彌監督が実写化した作品。恋愛に依存せずには生きられない嫌な女・十和子と、十和子に嫌わられながらも執着心を隠せない不潔な男・陣治が織り成す究極の愛を描いた作品だ。
主人公・十和子を蒼井優さん、陣治を阿部サダヲさんが演じている。また、十和子と肉体関係を結ぶゲスな男・水島を松坂桃李さん、十和子の元恋人でクズな男・黒崎を竹野内豊さんが熱演。オール関西ロケで撮影されたことも話題になっていた。

1
先行上映後の舞台挨拶に登壇した蒼井優さん、阿部サダヲさん、白石和彌監督

9月30日(土)に大阪で行われた先行上映会終了後の舞台挨拶には、蒼井さん、阿部さん、白石監督が登壇。蒼井さんは「今回はじめて作品をご覧になった方々の前でお話させていただけることで、楽しみにしてきました」と笑顔。不潔で下品な男を演じた阿部さんは「今日は綺麗にしてきました!」と笑いを交えて挨拶。
白石監督はちょうど1年前だという大阪での撮影を思い出し「1年経って大阪の皆さんに観てもらえたのが嬉しい」と話した。そして本作のあるシーンについて「大阪城をあのような場面で使用してすみません!(笑)」とユーモアたっぷりに謝罪する監督に、シアター内は早速笑い声に包まれた。

2
主人公・十和子を演じた蒼井優さん

自分の出演作かは関係なく好きな映画だと話す蒼井さん。「いろんな人に観てほしいけれど、この映画ってラストしかいいところがない(笑)」と自虐的にコメントした。阿部さんは、出演シーンのほとんどが蒼井さんと一緒だったため「他の男2人(松坂さん、竹野内さん)がどうしようもねぇ奴らだなって。僕は松坂桃李を好きになれない、あいつ嫌いだな(笑)」と告白。これには観客も大ウケした。

3
不潔で下品な男・陣治を演じた阿部サダヲさんは、上品なのスーツ姿で登場

「十和子の行動には絶対賛同できないけど、嫌な女っていうより、ものすごく澄んでる感覚。十和子に共感したって言うと、人として疑われる(笑)」と蒼井さん。阿部さんは「(役柄の)直したいところがいっぱいある、食べ方も汚いし、差し歯も直せばいいし(笑)でも、そういう役だから楽しめて演じられたのかなって思います」と素直な気持ちを明かした。

白石監督は「クズとか最低な人の話が全面に出ていますが、その奥にある人間の愛がこの映画で提示できたかなと思います。観た後にすべての世界が美しく見えるはず」とコメント。
阿部さんは「足の指の間にもゴミを詰めて撮影したんで、もう一度観てもらえれば」とユーモアを交え、見どころを伝えた。
蒼井さんは「こういう映画が作れる日本映画界であればと思います。そのためには、たくさん観ていただかないと、こういう作品が作れない。私たちがその環境を守っていかないといけないし、映画ファンとしても守っていけたら。皆さんも応援よろしくお願いします」と力強くアピールした。

4
大阪での公開初日舞台挨拶には蒼井さん、阿部さん、白石監督のほか、松坂桃李さん、竹野内豊さんも登壇

続いて10月28日(土)の公開初日には、舞台挨拶として蒼井さん、阿部さん、松坂さん、竹野内さん、白石監督が登壇。通常、初日舞台挨拶は東京で行われることが多いが、キャストと白石監督の希望により全国どこよりも早く大阪で舞台挨拶が実現したという。
白石監督は「撮影が終わった直後から大阪で初日を迎えたいと言っていました」と満員の観客を見渡し、嬉しそうな表情を浮かべた。ゲスな男を演じた松坂さんは上映前の舞台挨拶となったことから「嫌われる前にここを去れる安心感があります」と笑顔で挨拶。竹野内さんの挨拶の時にはマイクの調子が悪かったせいか、観客から声が小さいとツッコミが。「大阪の人はいい意味で距離が近い。ストレートに言ってくれるので嬉しいです」と返し、場を和ませた。

本作で蒼井さんと阿部さんは関西弁を披露している。両親が大阪出身の蒼井さんは関西弁には耳馴染みがあったが「音程を合わせながら、気持ちもいれるのが難しかった」と苦労を明かした。阿部さんは「感情が入ると間違っているのかもわからない」とし、アンジェリーナ・ジョリーの発音さえも訛ってしまったエピソードを話し、観客の笑いを誘った。

ゲス、クズなど共感しえない男性たちに惹かれていく十和子を演じた蒼井さんは「黒崎(竹野内さん)とのシーンは悲しみみたいなものを感じたけれど、水島(松坂さん)に関してはだんだん腹がたってきて(笑)」と話すと、観客から笑いが。しかし「何周も回って、黒崎も水島も愛おしくなってきた」と今の心境も明かした。阿部さんは「最悪ですね。男として好きじゃない」とバッサリ斬ると観客は爆笑。
2人のコメントを受け、クズ男を演じた竹野内さんは「黒崎が現実にいないことを信じたい」と役とは違い紳士的にコメント。松坂さんは「水島みたいにいろんな言葉を用意して言い寄ってくる男性って、意外といるんじゃないかなって。皆さんの近くにもいるかもしれないので気をつけてほしい」と自身が演じたゲス男を解説した。

5

最後には注目してほしいシーンについて、それぞれがコメント。白石監督は「食事のシーン。メニューを考えました。いろんな意図を入れています」と話す。
松坂さんは自身が演じる水島のシーンをあげ「後半の階段のシーン。そこでみなさんの水島に対する怒りを消化してほしい」と笑顔でコメント。
竹野内さんは「蒼井さんと阿部さんの繊細な心の変化を感じてほしい」と観客に呼びかけた。
阿部さんは「大阪の鴫野にある団地で撮影していました。細かいところまで観てほしい」とアピール。
蒼井さんは今年惜しくも亡くなった中嶋しゅうさんのシーンをあげ「中嶋しゅうさんの最後の映像作品。普段はとってもチャーミングですが、作品では気持ち悪さが全面にでてる芝居をしています。しゅうさんの姿を目に焼き付けてほしい」と話し、初日舞台挨拶を締めくくった。

映画『彼女がその名を知らない鳥たち』は、全国公開中。


映画『彼女がその名を知らない鳥たち』予告編

詳細情報
■サイト
『彼女がその名を知らない鳥たち』公式サイト


過去の記事 >> << 次の記事