ヘッダ画像とロゴ
2017年08月04日(金)
淀川花火大会の開催に合わせて大阪の梅田・十三で混雑予想 映画館で一部休映も

「なにわ淀川花火大会」が8月5日(土)夜に開催。梅田スカイビルの地下道などで交通規制が予定されているほか、十三の第七藝術劇場、シアターセブンでは夜の上映を休映する。

hanabi

「なにわ淀川花火大会」は、1989年から淀川を舞台に開催される花火大会。地元十三の人々の手作りの花火大会として知られており、ボランティアによって運営されている。毎年8月頭に開催。今では大阪の夏の風物詩の一つとして、多くの人に愛されてきた。2016年の人出は約43万人。打ち上げ数は非公開。

今年の第29回なにわ淀川花火大会は、8月5日(土)の19時40分から20時40分まで開催。淀川の南北の河川敷の周辺が車両通行禁止となり、それ以外の場所でも交通規制が多数行われる。
JRの塚本駅、阪急の十三駅、地下鉄の西中島南方駅、そして梅田駅からの混雑も例年の風物詩に。
グランフロント大阪と梅田スカイビルをつなぐ地下道も大変な混雑が予想され、20時以降は梅田駅方面に向かう一方通行となる。

この影響を受ける映画館は、シネ・リーブル梅田、テアトル梅田、第七藝術劇場、シアターセブン。
梅田スカイビルにあるシネ・リーブル梅田では、上映はスケジュール通りに実施。ホームページなどで「ご来場のお客様はお時間に余裕を持ってお越しいただければと存じます」と呼びかける。
テアトル梅田も通常運営だが、茶屋町近辺も混雑が予想されるので、要注意だ。

r
シネ・リーブル梅田
t
テアトル梅田

淀川の北側にあり、阪急十三駅から河川敷の間に位置する第七藝術劇場では、16時40分~18時35分の『世界でいちばん美しい村』で上映を終了。『STOP』『ふたりの旅路』を休映する。
同じ場所のシアターセブンも、この日は13時50分~16時44分の『恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム』上映でいったん終了する。『海辺のリア』『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』は休映。
両館とも休映した作品は、8月6日(日)から上映を再開する。

nanagei
第七藝術劇場
seven
シアターセブン

なにわ淀川花火大会は8月5日(土)の19時40分から20時40分まで開催。
花火を楽しむ人も、映画を楽しむ人も、混雑にはご注意を。

詳細情報
■開催日程
・なにわ淀川花火大会
 8月5日(土) 19時40分~20時40分

■映画館
シネ・リーブル梅田
大阪市北区大淀中1-1-88梅田スカイビルタワーイースト3F・4F、TEL 06-6440-5930

テアトル梅田
大阪市北区茶屋町16-7梅田ロフトB1F、TEL 06-6359-1080

第七藝術劇場
大阪市淀川区十三本町1-7-27サンポードシティ6F、TEL 06-6302-2073

シアターセブン
大阪市淀川区十三本町1-7-27サンポードシティ5F、TEL 06-4862-7733

■サイト
第29回なにわ淀川花火大会
シネ・リーブル梅田
テアトル梅田
第七藝術劇場
シアターセブン



過去の記事 >> << 次の記事