ヘッダ画像とロゴ
2017年07月26日(水)
お泊り気分で『アメリカン・スリープオーバー』など青春映画を鑑賞 神戸の旧校舎でオールナイト上映会

神戸の旧校舎・ふたば学舎で、「寝転がって観てもオッケー」なオールナイト上映会「一夜限りの青春ナイト!」が8月11日(金)に開催される。お泊り会を描く『アメリカン・スリープオーバー』など青春映画3作を上映。

IMG_1094

同イベントは、神戸の元町映画館を拠点に学生により結成された、関西のミニシアターの魅力を伝える活動をする有志団体「映画チア部」によるオールナイト企画。これまでも、映画に合わせた宣伝イベントやトーク企画、駅から映画館へのツーリングガイドなど、様々な取り組みを行ってきた。今年7月29日(土)・8月26日(土)には、神戸・新開地のパルシネマしんこうえんでオールナイト上映イベントを企画している。

今回は、神戸初上映となる3作品をオールナイトで一挙上映。場所は、神戸市長田区に位置し、市民の地域活性化を支援するべく、かつての二葉小学校を様々なイベントを行う場として活用している「ふたば学舎」。
この場所に合わせて、雰囲気たっぷりの青春映画をチョイスした。
若者たちのスリープオーバー(=お泊り会)を描いた青春映画『アメリカン・スリープオーバー』(2010年、アメリカ)と、親への不満から家出を計画した少年たちのひと夏を描く『キングス・オブ・サマー』(2013年、アメリカ)、そして、200本以上の青春映画・ティーン映画の魅力を分析するドキュメンタリー映画『ビヨンド・クルーレス』(2014年、イギリス)の3作品を上映する。

IMG_1093

なお、オールナイトは18歳未満入場禁止となることから、高校生でも楽しめるように20時開催の「宵の部」も開催。こちらは『アメリカン・スリープオーバー』のみ一作の上映となる。

「オールナイトの部」では、上映作品を配給しているGucchi’s Free Schoolの担当者が登壇してトークショーを開催する予定。

同イベント担当者は、「お泊り会気分でお過ごしいただくために、お菓子やお飲み物をぜひお持ちになってお越しください」と呼びかけ。寝転んでゴロゴロしながら作品を鑑賞できるスペースを設けているとのことで、「レジャーシートや寝袋、枕、クッションなどお好きなものをお持ちになってお越しください!」とのことだ。レジャーシート等は各自で持参すること。

8月11日(金)の夜から翌朝にかけて開催。『アメリカン・スリープオーバー』のみ上映する「宵の部」は、20時開始、21時40分終了。
3作品の上映とトークイベントの「オールナイトの部」は、深夜24時開始、翌6時20分終了予定。オールナイトは18歳未満の参加不可。
場所は、神戸市長田区のふたば学舎。


映画『アメリカン・スリープオーバー』予告編

詳細情報
■開催日程
8月11日(金)
・宵の部 『アメリカン・スリープオーバー』のみ上映
 開場19時30分、上映開始20時、終映21時40分

・オールナイトの部 3作品上映
 開場23時30分、上映開始24時、終映翌6時20分

■料金
・宵の部
 前売800円、当日1,000円

・オールナイトの部
 前売 一般2,200円、学生1,700円
 当日 一般2,500円、学生2,000円

■開催会場
ふたば学舎
神戸市長田区二葉町7-1-18、TEL 078-646-8128

■サイト
ふたば学舎
映画チア部
『アメリカン・スリープオーバー』公式サイト



過去の記事 >> << 次の記事