ヘッダ画像とロゴ
2017年07月21日(金)
福島の人の気持ち掬いたい―廣木隆一監督作『彼女の人生は間違いじゃない』関西へ

映画『ヴァイブレータ』『さよなら歌舞伎町』などで知られる廣木隆一監督の最新作『彼女の人生は間違いじゃない』が7月15日(土)より公開した。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
廣木隆一監督

『彼女の人生は間違いじゃない』は、廣木監督が初めて執筆した同名小説を自身がメガホンを取り、映画化した作品。主人公は、福島県の市役所に勤めている金沢みゆき(瀧内公美)。彼女は週末のたび高速バスで東京に向かい、渋谷でデリヘルのバイトをしているが、仮設住宅で一緒に暮らす父(光石研)には、英会話教室に通っていると嘘をついていた。ある日、元恋人の山本(篠原篤)からヨリを戻したいと打ち明けられるが、みゆきは「考えとく」と逃げるように立ち去る。別れの原因ともなった震災で亡くした母をめぐる彼の言葉を思い出したのだ。妻を亡くしたショックから未だ立ち直れず、酒浸りの父にいら立ちを覚えるみゆき。果たして、彼女はどういう選択をするのか……というストーリー。高良健吾、柄本時生、蓮佛美沙子など、実力派俳優が脇を固める。本作のメガホンを取った廣木隆一監督に話を伺った。

a
(C)2017「彼女の人生は間違いじゃない」製作委員会

まずはこの作品タイトルに込められた想いについて。「ある意味上から目線なタイトルですよね」と笑顔を浮かべ「震災から5年経ちましたが、その場所で生きている人たちに、誰が悪いとか、こうだからいいとかというのはなく、正解がない。真面目に生きているどんな人にもそう言えると思い、このタイトルを付けた」と監督。
フィクションではあるが、セシウム計や汚染された土などが映し出されるためか、どこかドキュメンタリー的な印象も受ける本作。映像化するにあたり気を付けたこと、またこだわった点については「内容がこういうものなので、フィクションではあるけれど、ある意味リアルだというのは気を付けた」と明かした。福島では個人個人で撮影の手伝いをして下さった方が多くいらっしゃったため、「なるべく彼らの気持ちをすくって、映画の中に入れられたら」という想いで撮影に臨んだという。
主人公・みゆき役を演じた瀧内公美さんの役作りについては、何かリクエストをしたのではなく、芝居の基本のことのみ伝えただけだという。理由は「こうやってほしいとリクエストしてしまうと、人の芝居になってしまうので」とのこと。だから、瀧内さんの中から出てくるみゆきを大切にしたと語る。

最後に、記憶が風化していく速さについての言及も。「福島だけの話ではなく、今の時代って時間の速さがとても速いじゃないですか」と監督。「この映画を観て、ちょっと立ち止まるというか、歩みを緩めて、観てもらえたらなと思う」とPRし、締めくくった。
映画『彼女の人生は間違いじゃない』は、7月15日(土)より大阪・テアトル梅田、シネ・リーブル神戸、京都シネマにて公開中。


映画『彼女の人生は間違いじゃない』予告編

詳細情報
■上映日程
7月15日(土)~

■映画館
テアトル梅田
大阪市北区茶屋町16-7梅田ロフトB1F、TEL 06-6359-1080

シネ・リーブル神戸
神戸市中央区浪花町59神戸朝日ビルディングB1F、TEL 078-334-2126

京都シネマ
京都市下京区烏丸通四条下ル水銀屋町620番地COCON烏丸3F、TEL 075-353-4723

■サイト
映画『彼女の人生は間違いじゃない』公式サイト
テアトル梅田
シネ・リーブル神戸
京都シネマ



過去の記事 >> << 次の記事