ヘッダ画像とロゴ
2017年06月06日(火)
香港アクション映画の大スター、サモ・ハン監督・主演作『おじいちゃんはデブゴン』が大阪で上映中 神戸では特別企画も

かつて香港アクション映画の人気をけん引したサモ・ハンの20年ぶり監督作『おじいちゃんはデブゴン』が、大阪のシネマート心斎橋で上映中。元町映画館、京都みなみ会館でも上映予定。神戸ではサモ・ハンキャンペーンも実施。

ポスター

映画『おじいちゃんはデブゴン』(2015年、99分)は、香港アクション映画。主演・監督を務めるサモ・ハンは、ブルース・リーと『燃えよドラゴン』で共演し、ジャッキー・チェンとともに香港アクション映画をけん引した、大人気のアクション俳優。『燃えよドラゴン』へのオマージュとして制作した『燃えよデブゴン』も大ヒットし、日本での人気も高い。

本作はそのサモ・ハンが20年ぶりに監督に復帰し、主演・アクション監督も務めたアクション映画。初期の認知症になった66歳の退役軍人ディンが、隣に住む少女チュンファが巻き込まれたマフィアとのトラブルにカンフーで立ち向かう物語だ。
サモ・ハンの復帰を祝し、アンディ・ラウ、ユン・ピョウ、ツイ・ハークら香港映画界のスターたちがゲスト出演をしている。
現在上映中のシネマート心斎橋の横田支配人は、そのアクションに「まさかの65才、めっちゃ動いてます」と太鼓判。
「認知症なんで、たとえば自分が何がピンチだったかとかをちょいちょい忘れるんですけど、ボイスレコーダーとか活用しながら奮闘する話です」と紹介。「香港映画大好きという人にはたまらない映画だと思います。もちろんサモ・ハンを知らない人にも楽しめる作品ですので、ぜひご覧ください」とアピールしている。

BDメイン
(C)2016 Irresistible Alpha Limited, Edko Films Limited, Focus Films Limited, Good Friends Entertainment Sdn Bhd. All Rights Reserved.

また神戸の元町映画館では、「《サモ・ハン is BACK》in KOBE 豪華プレゼントキャンペーン」を実施。
サモ・ハンが出演する『コール・オブ・ヒーローズ 武勇伝』を上映するOSシネマズ神戸ハーバーランドと提携する。
6月10日(土)以降、この2作品を両方劇場で観た人から抽選で、サモ・ハンの直筆サイン入りポスターやプレスシートセット、オリジナル缶バッジがプレゼントされる。
さらに、元町映画館近隣の中華料理店4店とのタイアップも。たとえば「民生 廣東料理店」では、オリジナルメニュー「香港風焼きそばと卵掛けご飯」、通称「デブゴンセット」を提供するなど、特典やサービスが受けられる。

群愛

映画『おじいちゃんはデブゴン』は大阪のシネマート心斎橋で5月27日(土)より公開中。神戸の元町映画館と京都みなみ会館で6月10日(土)から上映予定。


映画『おじいちゃんはデブゴン』予告編

詳細情報
■上映日程
・シネマート心斎橋
 5月27日(土)~

・元町映画館
 6月10日(土)~

・京都みなみ会館
 6月10日(土)~

■開催会場
シネマート心斎橋
大阪市中央区西心斎橋1-6-14ビッグステップビル4F、TEL 06-6282-0815

元町映画館
神戸市中央区元町通り4-1-12、TEL 078-366-2636

京都みなみ会館
京都市南区西九条東比永城町79、TEL 075-661-3993

■サイト
映画『おじいちゃんはデブゴン』公式サイト
シネマート心斎橋
《サモ・ハン is BACK!》in KOBE 豪華プレゼントキャンペーン!
元町映画館
京都みなみ会館



過去の記事 >> << 次の記事


目指せ映画監督!連載小説「フルタイム・ホビイスト」を隔週月曜に配信中!

京都ドーナッツクラブとのコラボコーナースタート!イタリア映画配給の舞台裏を紹介!

06.01 第77弾を配信!

(6/4~6/10)
『Shall we ダンス?』など映画14本をフィルム上映 大阪の大丸心斎橋劇場で半年間開催へ
シアター、映写室、ロビーなど映画館全体を探検 塚口サンサン劇場で謎解きイベントが開催
「映画を映画館で観てもらう」ための5つの施策とは―映画鑑賞の「イベント化」事例を紹介
ただの不倫劇ではなく、女性たちの戦いを描いた―話題のドラマ『昼顔』が劇場版へ
第5回 夢のゴールデンウィーク/映画で旅するイタリア2017 旅のしおり

ミニシアター周辺のオススメごはん店を紹介中!

映画を作るカードゲームのリプレイを掲載中!