ヘッダ画像とロゴ
2017年05月25日(木)
宝塚で「午前十時頃の映画祭3」 夏目漱石、遠藤周作、谷崎潤一郎、井上靖ら文豪原作の映画を35ミリで上映

宝塚のシネ・ピピアで、好評の「午前十時頃の映画祭」の第3弾が5月27日(土)からスタートする。文豪の小説を原作にした文芸映画を35ミリフィルムで一週間ずつ上映。

top

「午前十時頃の映画祭」は2016年5月から、宝塚のミニシアター、シネ・ピピアでスタートした特集上映。第1弾から文芸映画特集として、文豪たちの原作を映画化した往年の作品を、35ミリフィルムで「午前十時頃の時間帯に」上映してきた。
シネ・ピピアでは、デジタル上映と並行して、現在も35ミリフィルム上映を実施している。

今回はその第3弾として開催。一カ月以上にわたって、5作品を毎週一本ずつ、午前中の時間帯に上映する。一般1,200円というリーズナブルな料金設定も魅力の一つだ。

今回上映される作品は、今年生誕150年を迎えた夏目漱石による名作を映画化した『夏目漱石の三四郎』(1955年、81分)や、遠藤周作原作の『私が棄てた女』(1969年、116分)、谷崎潤一郎原作の『台所太平記』(1963年、110分)と『細雪』(1959年、105分)、井上靖原作の『氷壁』(1958年、96分)。

2

「午前十時頃の映画祭3 文芸映画特集第3弾」は、宝塚のシネ・ピピアで5月27日(土)から6月30日(金)まで開催。

詳細情報
■開催日程
5月27日(土)~6月30日(金)

■上映スケジュール
5月27日(土)~6月2日(金)
10時~『夏目漱石の三四郎』

6月3日(土)~6月9日(金)
10時30分~『私が棄てた女』

6月10日(土)~6月16日(金)
12時40分~『台所太平記』

6月17日(土)~6月23日(金)
10時~『氷壁』

6月24日(土)~6月30日(金)
10時~『細雪』

■料金
一般1,200円、シニア・学生1,000円
高校生以下・会員900円

■映画館
シネ・ピピア
宝塚市売布2-5-1ピピアめふ5F、TEL 0797-87-3565

■サイト
午前十時頃の映画祭3 文芸映画特集第3弾
シネ・ピピア



過去の記事 >> << 次の記事


目指せ映画監督!連載小説「フルタイム・ホビイスト」を隔週月曜に配信中!

京都ドーナッツクラブとのコラボコーナースタート!イタリア映画配給の舞台裏を紹介!

06.01 第77弾を配信!

(6/4~6/10)
『Shall we ダンス?』など映画14本をフィルム上映 大阪の大丸心斎橋劇場で半年間開催へ
シアター、映写室、ロビーなど映画館全体を探検 塚口サンサン劇場で謎解きイベントが開催
「映画を映画館で観てもらう」ための5つの施策とは―映画鑑賞の「イベント化」事例を紹介
ただの不倫劇ではなく、女性たちの戦いを描いた―話題のドラマ『昼顔』が劇場版へ
第5回 夢のゴールデンウィーク/映画で旅するイタリア2017 旅のしおり

ミニシアター周辺のオススメごはん店を紹介中!

映画を作るカードゲームのリプレイを掲載中!