ヘッダ画像とロゴ
2017年05月09日(火)
『灰とダイヤモンド』などワイダ監督作4本も上映 大阪・神戸で「ポーランド映画祭2017」

ポーランド映画の巨匠アンジェイ・ワイダ監督の4作品を含むポーランド映画6本を一挙上映。シネ・ヌーヴォと神戸アートビレッジセンターで開催。

1

アンジェイ・ワイダは、ポーランドの映画監督。2016年10月に90才で死去。生涯に40本の映画を手掛け、『灰とダイヤモンド』はヴェネチア国際映画祭批評家連盟賞を受賞。ポーランド映画界の巨匠として、国内外に知られている。遺作はノーベル平和賞を受賞したレフ・ワレサを描いた『ワレサ 連帯の男』。

今回のポーランド映画祭では、このワイダ監督を悼み、4作品をセレクト。『地下水道』『灰とダイヤモンド』『夜の終りに』『コルチャック先生』を上映する。
さらに、今年に没後10年をむかえたポーランドのもう1人の巨匠監督イエジー・カヴァレロヴィッチの『夜行列車』と、新鋭ヤン・コマサ監督の『ワルシャワ44 リベリオン/ワルシャワ大攻防戦』もラインナップ。合計6作品を一挙上映する。

ポーランド映画祭地下水道
『地下水道』©STUDIO FILMOWE „KADR”

「ポーランド映画祭2017」は大阪・九条のシネ・ヌーヴォで5月13日(土)から5月19日(金)まで、神戸・新開地の神戸アートビレッジセンターで5月20日(土)から5月26日(金)まで、それぞれ実施される。

詳細情報
■上映日程
・シネ・ヌーヴォ
 5月13日(土)~5月19日(金)

・神戸アートビレッジセンター
 5月20日(土)~5月26日(金)

■料金
一般1,300円、シニア・学生1,100円

■映画館
シネ・ヌーヴォ
大阪市西区九条1-20-24、TEL 06-6582-1416

神戸アートビレッジセンター
神戸市兵庫区新開地5-3-14、TEL 078-512-5500

■サイト
ポーランド映画祭 公式サイト
シネ・ヌーヴォ
ポーランド映画祭2017(シネ・ヌーヴォ)
神戸アートビレッジセンター



過去の記事 >> << 次の記事