ヘッダ画像とロゴ
2017年04月28日(金)
京都オールロケの青春ロードバイク映画『神さまの轍』 ビジュアル公開、公開は秋以降

京都府の井手町を舞台にしたロードバイクの青春映画『神さまの轍(わだち) – check point of the life -』のビジュアルが発表。配給会社も決定し、秋以降の全国公開を目指す。

top

映画『神さまの轍(わだち) – check point of the life -』は、2人の幼なじみがスポーツタイプの自転車「ロードバイク」に魅せられて、挫折を経験しながらも成長していく青春映画。2010年、2016年、2019年と3つの時期で物語が展開される。主演は荒井敦史さんと岡山天音さん。六角精児さん、津田寛治さん、阿部進之介さんらがわきを固める。

監督は、作道雄さん。作道さんはもともと京都発信で活動する演劇集団「月面クロワッサン」で脚本・演出を担当。舞台公演だけでなくウェブドラマの配信、さらには地上波ドラマの制作などを手掛けてきた。現在は株式会社クリエイティブスタジオゲツクロとして活動。2017年の夏公開映画『マザーレイク』の脚本を手掛けた。今回の『神さまの轍 – check point of the life -』が長編映画監督デビューとなる。

本作について作道監督は、「この映画はロードバイクの才能に恵まれた若者と、恵まれなかったその親友との、九年間の物語です。誰もが通り過ぎたあの頃の痛み、苦しみを時間は解決してくれるのだろうか。京都府南部をロードバイクでぐるぐる回りながらこの町のこと この映画のことを思いめぐらせています。劇場公開を楽しみに待っていてください」と呼びかけている。

映画『神さまの轍 – check point of the life -』は、2017年秋以降公開予定。河瀬直美監督『あん』、深田晃司監督『淵に立つ』などを担当してきた配給会社エレファントハウスが配給を手掛ける。撮影場所となった京都府井手町では5月28日(日)に一足早い披露上映会が行われる。

詳細情報
■サイト
映画『神さまの轍 – check point of the life -』公式サイト


過去の記事 >> << 次の記事


目指せ映画監督!連載小説「フルタイム・ホビイスト」を隔週月曜に配信中!

京都ドーナッツクラブとのコラボコーナースタート!イタリア映画配給の舞台裏を紹介!

06.01 第77弾を配信!

(6/4~6/10)
『Shall we ダンス?』など映画14本をフィルム上映 大阪の大丸心斎橋劇場で半年間開催へ
シアター、映写室、ロビーなど映画館全体を探検 塚口サンサン劇場で謎解きイベントが開催
「映画を映画館で観てもらう」ための5つの施策とは―映画鑑賞の「イベント化」事例を紹介
ただの不倫劇ではなく、女性たちの戦いを描いた―話題のドラマ『昼顔』が劇場版へ
第5回 夢のゴールデンウィーク/映画で旅するイタリア2017 旅のしおり

ミニシアター周辺のオススメごはん店を紹介中!

映画を作るカードゲームのリプレイを掲載中!