ヘッダ画像とロゴ
2017年03月08日(水)
エロが簡単に手に入る時代に意味問い直す 神戸2館でロマンポルノ企画

神戸で「ロマンポルノ・リブート・プロジェクト」関連企画が開催へ。元町映画館では上映とトークイベント、Cinema Kobeではロマンポルノ特集も。

unnamed

「ロマンポルノ・リブート・プロジェクト」は、1971年に誕生した日活ロマンポルノが、2016年に誕生45周年を迎えたことを記念し、スタートした。行定勲監督、塩田明彦監督、白石和彌監督、園子温監督、中田秀夫監督が、ロマンポルノの作品を新たに制作。2016年11月より全国で順次公開されている。

神戸の元町映画館では、3月11日(土)から同プロジェクトの5作品、『ジムノペディに乱れる』(行定勲監督)『風に濡れた女』(塩田明彦監督)『牝猫たち』(白石和彌監督)『ANTIPORNO アンチポルノ』(園子温監督)『ホワイトリリー』(中田秀夫監督)を順次上映予定。
同館ではそれに合わせて、トークイベントを企画。「エロ飽食時代におけるロマンポルノの役割」と題し、3月10日(金)に、同館2階ロビーで実施。
当日は、『幻想の性 衰弱する身体』などの著作を持つ京都精華大学ポピュラーカルチャー学科教授の斎藤光さんと、ピンク映画情報のフリーペーパー「ぴんくりんく」編集の太田耕耘キさんが登壇し、「そもそもロマンポルノとは? 」というところからトークを開催。「エロが簡単に手に入る時代になったのに男子はなぜ草食化しているのか? そんな時代にロマンポルノが再起動する意味とは? 」などを問いかける。

また関連企画として、神戸・新開地のCinema Kobeでも「ロマンポルノ IN Cinema KOBE」を実施。ロマンポルノ作品の中からも人気の高い15作品を、3月11日(土)から4月14日(金)まで上映する。

2

神戸2館のロマンポルノ関連企画は、それぞれ3月11日(土)から上映開始。
元町映画館のトークイベントは、3月10日(金)の19時~21時30分。参加無料。

詳細情報
■元町映画館トークイベント
3月10日(金)
 19時~21時30分
 
■上映日程
・元町映画館
3月11日(土)~3月24日(金)
『ジムノペディに乱れる』『風に濡れた女』
3月25日(土)~4月7日(金)
『牝猫たち』『ANTIPORNO アンチポルノ』
4月8日(土)~4月21日(金)
『ホワイトリリー』

・Cinema Kobe
3月11日(土)~4月14日(金)

■映画館
元町映画館
神戸市中央区元町通り4-1-12、TEL 078-366-2636

CinemaKOBE
神戸市兵庫区新開地6-2-20、TEL 078-531-6607)

■サイト
「ロマンポルノ・リブート・プロジェクト」
元町映画館
CinemaKOBE



過去の記事 >> << 次の記事