ヘッダ画像とロゴ
2016年12月22日(木)
13年かけて完成した精神科医の実話 『ニーゼと光のアトリエ』関西でも順次上映

実在の精神科医が当時の常識に挑む姿を描き、東京国際映画祭で最高賞と最優秀女優賞に輝いた『ニーゼと光のアトリエ』が、大阪のシネマート心斎橋で12月24日(土)から上映。京都みなみ会館、神戸の元町映画館で順次公開。

11

『ニーゼと光のアトリエ』(2015年、109分)は、ブラジルの映画作品。精神病院が患者を人間扱いせず、ショック療法が当たり前とされていた1940年代のブラジルを舞台に、患者たちに絵の具と筆を与え女性精神科医ニーゼの奮闘を描く。
監督は、ドキュメンタリー映画出身のホベルト・ベリネールさん。構想に13年、撮影に4年をかけて、制作された。
2015年の第28回東京国際映画祭コンペティション部門で上映され、高い評価を得た本作。最高賞の東京グランプリと最優秀女優賞を受賞。ほかにも、リオデジャネイロ国際映画祭2015で観客賞にも輝いている。

1
© TvZero

監督は制作のきっかけについて「彼女の人生や仕事について書かれた本を読み、取材をした」ことだと話す。もともとホベルトさんは撮影監督をする予定だったが、監督予定の人が責任の重さに耐えきれずに降板。「この映画を作らなければならぬという想いが強かった」ことで、監督を引き受けたという。何度も脚本を書き換えて、構想が始まってから13年たってようやく完成した。「あきらめずにやり続けたのは、それだけこの題材が大事な映画になると思ったからです」と振り返っている。

2
© TvZero
3
© TvZero

日本では、12月17日(土)より渋谷のユーロスペースなどで公開スタート。ぴあ映画初日満足度では、4位91.4点に輝いた。
関西ではシネマート心斎橋で12月24日(土)から上映。京都みなみ会館、元町映画館でも近日上映予定。


『ニーゼと光のアトリエ』予告編

詳細情報
■上映日程
・シネマート心斎橋
 12月24日(土)~

・京都みなみ会館
 近日

・元町映画館
 近日

■映画館
シネマート心斎橋
大阪市中央区西心斎橋1-6-14ビッグステップビル4F、TEL 06-6282-0815

京都みなみ会館
京都市南区西九条東比永城町79、TEL 075-661-3993

元町映画館
神戸市中央区元町通り4-1-12、TEL 078-366-2636

■サイト
映画『ニーゼと光のアトリエ』公式サイト
シネマート心斎橋
京都みなみ会館
元町映画館



過去の記事 >> << 次の記事


目指せ映画監督!連載小説「フルタイム・ホビイスト」を隔週月曜に配信中!

京都ドーナッツクラブとのコラボコーナースタート!イタリア映画配給の舞台裏を紹介!

06.01 第77弾を配信!

(6/4~6/10)
『Shall we ダンス?』など映画14本をフィルム上映 大阪の大丸心斎橋劇場で半年間開催へ
シアター、映写室、ロビーなど映画館全体を探検 塚口サンサン劇場で謎解きイベントが開催
「映画を映画館で観てもらう」ための5つの施策とは―映画鑑賞の「イベント化」事例を紹介
ただの不倫劇ではなく、女性たちの戦いを描いた―話題のドラマ『昼顔』が劇場版へ
第5回 夢のゴールデンウィーク/映画で旅するイタリア2017 旅のしおり

ミニシアター周辺のオススメごはん店を紹介中!

映画を作るカードゲームのリプレイを掲載中!