ヘッダ画像とロゴ
2016年07月08日(金)
映画『本能寺ホテル』の制作が決定 京都・滋賀の撮影にエキストラ募集中

映画『プリンセス トヨトミ』のスタッフ・出演者が再集結した新作映画『本能寺ホテル』の制作が決定。2017年公開予定。京都・滋賀周辺で撮影に参加できるボランティアエキストラ募集中。

本能寺ホテル1

『本能寺ホテル』は、日本史上最大の謎と言われる「本能寺の変」の前日の1日を描き、その謎に迫る完全オリジナルストーリー。『プリンセス トヨトミ』(2011年)に出演した綾瀬はるかさん、堤真一さんがW主演。その脇を濱田岳さん、平山浩行さん、風間杜夫さんらが固める。
メガホンを取るのは『プリンセス トヨトミ』『HERO』など、数々のヒット作を手掛けた鈴木雅之監督。プロデューサーは土屋健さん、脚本は「鹿男あをによし」も手掛けた相沢友子さん。『プリンセス トヨトミ』と同じ布陣で臨む。

現代の京都が舞台の同作。結婚という人生の岐路に立つ主人公・倉本繭子(綾瀬はるかさん)がひょんなことから宿泊することになる「本能寺ホテル」。そこは戦国時代と繋がるホテルであり、繭子はタイムスリップし、天下統一を目前にした織田信長(堤真一さん)と出会う。やがてその日が「本能寺の変」の前日であることに気付き……というストーリー。
誰もが知る「本能寺の変」を、事前に信長が知っていたらどうなっていたか、現代の女性が「本能寺の変」の前日にタイムスリップしたらどうなるか、果たして信長を救うことができるのかという歴史ミステリーとなっている。

綾瀬はるかさんは、「これまでも何度かご一緒した堤さんや鈴木監督はじめみなさんと、作品を作れるということでとても楽しい夏になりそうです!キャスト、スタッフみんなで、笑って頂ける作品をお届けできるよう頑張ります!」とコメント。
堤真一さんは、「今回私は信長役に初挑戦。プレッシャーも感じますが、今までにない新しい信長を作っていきたいと思います」と気合十分だ。

7月初旬から8月下旬まで、京都・滋賀周辺を中心に、オール関西ロケで撮影を行うことが決定。メルマガ形式でボランティアエキストラの募集を開始しており、現在、7月12日(火)・13日(水)に京都市内での大規模な撮影に参加できる男性を募っている。
別の日程では、女性エキストラの募集もある。

参加方法は、まずは応募フォームに必要事項を入力し、登録。メルマガで随時募集要項が送られてくるので、参加可能なものに応募する。友人などの同行者と一緒に参加することも可能。参加者には、オリジナルグッズが贈呈される予定。

詳細情報
■サイト
映画『本能寺ホテル』公式サイト
エキストラ登録フォーム
エキストラ事務局facebook
エキストラ事務局twitter



過去の記事 >> << 次の記事