ヘッダ画像とロゴ
2016年05月24日(火)
「おそ松くん」生んだ天才ギャグマンガ家 赤塚不二夫さんのドキュメンタリー、関西へ

「おそ松くん」などの生みの親・赤塚不二夫さんの生涯に迫るアニメーションドキュメンタリー映画『マンガをはみだした男 赤塚不二夫』が、第七藝術劇場、元町映画館、京都みなみ会館で公開される。主題歌はタモリが担当。

赤塚top

『マンガをはみだした男 赤塚不二夫』(2016年、96分)は、ドキュメンタリー映画。「天才バカボン」「おそ松くん」「ひみつのアッコちゃん」などの有名作で知られる国民的マンガ家・赤塚不二夫さんの生涯に迫る。2015年が赤塚不二夫さんの生誕80周年であることを記念して制作された。
ちなみに「おそ松くん」は2015年に、同作を基にした「おそ松さん」が制作され、大きな反響を呼んだ。

赤塚裏
(C)2016 マンガをはみだした男 製作委員会

本作では、アニメーションを軸に描く、「アニメーション・ドキュメンタリー」という手法を採用。赤塚さんの作品「レッツラゴン」のキャラクターを案内役とした、異色のポップ・ドキュメンタリー作品となった。
関係者へのインタビューや、プライベート映像、本人の残された肉声などを交えながら、ダイナミックに生き抜いた赤塚さんの人生を描き出している。
出演者も多岐にわたっている同作。「おそ松さん」の藤田陽一監督や、鈴木伸一さん、ちばてつやさん、藤子・F・不二雄さん、藤子不二雄Aさん、石ノ森章太郎さん、つのだじろうさん、水野英子さんといった、同時代を生きたマンガ家、アニメーション作家らが多数出演し、赤塚さんの人となりについて様々な角度から焦点を当てている。

赤塚_タモリ
(C)2016 マンガをはみだした男 製作委員会

エンディング曲のボーカルはタモリさんが担当。赤塚さん宅に居候していたことがあるタモリさんにとって、赤塚さんは恩師にあたる存在。2008年の赤塚さんの葬儀では「私もあなたの数多くの作品の一つです」という弔辞を読んだことでも知られている。タモリさんが歌う「ラーガ・バガヴァット」はエンドロールで、赤塚マンガのキャラクター約100体が踊るアニメシーンとともに流れる。

映画『マンガをはみだした男 赤塚不二夫』は、5月28日(土)より大阪・十三の第七藝術劇場、6月18日(土)より神戸の元町映画館、6月25日(土)より京都みなみ会館でそれぞれ上映予定。


映画『マンガをはみだした男 赤塚不二夫』予告編

詳細情報
■上映日程
・第七藝術劇場
 5月28日(土)~6月10日(金)

・元町映画館
 6月18日(土)~7月1日(金)

・京都みなみ会館
 6月25日(土)~7月15日(金)

■映画館
第七藝術劇場
大阪市淀川区十三本町1-7-27サンポードシティ6F、TEL 06-6302-2073

元町映画館
神戸市中央区元町通り4-1-12、TEL 078-366-2636

京都みなみ会館
京都市南区西九条東比永城町79、TEL 075-661-3993

■サイト
映画『マンガをはみだした男 赤塚不二夫』公式サイト
第七藝術劇場
元町映画館
京都みなみ会館



過去の記事 >> << 次の記事