“SF映画の始まり”京都で『月世界旅行』上映、生伴奏も

映画黎明期の名作『月世界旅行』と、その誕生の歴史にせまる『メリエスの素晴らしき映画魔術』が9月22日(土)から、京都みなみ会館で上映される。10月5日(金)まで。9月29日(土)には、チェロ生伴奏付きの上映も。


『月世界旅行』(C)Steamboat Films – Lobster Films – 2011

『月世界旅行』(1902年、15分32秒)は、映画黎明期に制作されたフランスの短編映画。「世界初の職業映画監督」と呼ばれた奇術師ジョルジュ・メリエスが、ジュール・ヴェルヌの同名のSF小説にアレンジを加え、映画化した。大砲で月へ行った人間が、月の人間に出会うという物語。
同時上映される『メリエスの素晴らしき映画魔術』はドキュメンタリー作品。リュミエール兄弟が発明した映画の最初の観客の一人となったジョルジュ・メリエスが、映画の魅力に夢中になり、手探りで独自の映画作りに挑む姿を描く。特撮・SF映画が誕生した瞬間を活写している。


『メリエスの素晴らしき映画魔術』(C)Steamboat Films – Lobster Films – 2011

今回の上映は、『月世界旅行』の誕生110周年を記念して行われる。9月29日(土)には、数多くのCMやゲームミュージックなどで活躍を続ける音楽家・古後公隆さんを招待し、チェロの生伴奏つき『月世界旅行』を上映する。

2作品の上映は9月22日(土)から10月5日(金)まで。「映画の未来がすべてつまっている」とまで評される『月世界旅行』をスクリーンで体感できる、またとない機会。これは映画好きならずとも、見逃せない。

■上映日程
9月22日(土)~10月5日(金)
※チェロ生伴奏は9/29(土)18:00の回

■料金
当日券 一般1,500円、学生1,300円、会員1,000円

■会場
京都みなみ会館
(京都市南区西九条東比永城町79、TEL 075-661-3993)

■サイト
京都みなみ会館
http://kyoto-minamikaikan.jp/
京都みなみ会館内 詳細ページ
http://kyoto-minamikaikan.jp/archives/6388
『メリエスの素晴らしき映画魔術&月世界旅行』
http://www.espace-sarou.co.jp/moon/