ヘッダ画像とロゴ
2015年10月01日(木)
48時間で短編映画制作、今年も開催へ 大阪・東京2都市へ拡大

48時間で短編映画を制作するコンペティション「The 48 Hour Film Project」が今年、日本国内で5回目の開催。初めて大阪・東京の2都市で行われるほか、役者のオーディションも実施される。

48osaka

「The 48 Hour Film Project」は、2001年にスタートした世界的な映画制作コンペティション。キックオフ当日にテーマやお題、使用する小道具などが決定され、それから脚本制作・撮影・編集などすべての作業を48時間で終えないといけないという「過酷で刺激的」(担当者)なものとなっている。
現在は世界100都市以上で開催。各都市で秀作を選出し、それを上映する映画祭も行われている。さらに選び抜かれた優秀作には、カンヌ国際映画祭内のプログラムで上映されるという名誉も。
日本では2011年に大阪でスタート。以降毎年開催され、認知を増やしていった。2014年の優秀作は、アメリカで行われた優秀作の映画祭「Filmapalooza 2014」で上映され、高評価を得て、カンヌ国際映画祭へ出展する10作品のうちの1つに選出。日本の作品が見事カンヌへ進出する実例を作って見せた。

今年は5回目の開催。こうした広がりもあり、今回は東京でも開催が決定。大阪は10月23日(金)夜から10月25日(日)夜までの48時間、東京は11月27日(金)夜から11月29日(日)夜の48時間で各人が短編映画を制作する。

48tokyo
527371b30d9ae51687f9de2c03349c27
2014年開催時のドロップオフで、48時間のカウントダウンが終了した瞬間。

また大阪では新たな試みとして、出演者のオーディションも実施。コンペ参加チームの監督やプロデューサーが審査員となり、出演者を決定していく。また集まった役者の人たちの情報は、今回の撮影以外にもデータベースとして共有され、CMや映像作品などの現場に活用されるという。

大阪では、まず参加団体への説明会が10月2日(金)夜に大阪観光局会議室で実施。
出演者オーディションを10月3日(土)に大阪・日本橋のin→dependent theatre 2ndで行う。
映画制作のキックオフイベントは10月23日(金)夜。48時間後のドロップオフイベントは10月25日(日)夜となる。
制作された作品を一挙に上映するプレミア上映は、10月31日(土)に開催される。

詳細情報
■開催日程
・説明会
10月2日(金)
 19時~21時
 場所:大阪観光局会議室

・オーディション
10月3日(土)
 11時~19時
 場所:in→dependent theatre 2nd

・キックオフイベント
 10月23日(金)
 18時~19時
 場所:デジタルハリウッド大阪校

・ドロップオフイベント
 10月25日(日)
 18時~20時 ※作品提出期限は19時
 場所:デジタルハリウッド大阪校
 
・プレミア上映
 10月31日(土)
 場所:大阪市立男女共同参画センター 南部館 (クレオ大阪南)

■サイト
Osaka 48 Hour Film Project
Osaka 48 Hour Film Project Facebookページ



過去の記事 >> << 次の記事


目指せ映画監督!連載小説「フルタイム・ホビイスト」を隔週月曜に配信中!

京都ドーナッツクラブとのコラボコーナースタート!イタリア映画配給の舞台裏を紹介!

05.01 第76弾を配信!

(5/14~5/20)
「相当濃厚で癖になる味がする作品」30年越しの想いが実現、吉田大八監督最新作『美しい星』公開へ
野村雅夫さん「若手の監督の活躍目覚ましい」と注目 大阪で「イタリア映画祭2017」が開催
キネプレ5周年記念 5年間の人気記事ベスト10発表
今度の課題は『スウィート17モンスター』 映画感想交流会の第3回が大阪で開催へ
第3回 ドーナッツ的 字幕翻訳の楽しみ方/映画で旅するイタリア2017 旅のしおり

ミニシアター周辺のオススメごはん店を紹介中!

映画を作るカードゲームのリプレイを掲載中!