ヘッダ画像とロゴ
2015年06月18日(木)
みなみ会館で初オールナイト3D上映 巨匠たちの多彩な作品競演

多彩なラインナップの3D映画をオールナイト上映する「ヤッター!3D上映ナイト」が京都みなみ会館で7月4日(土)に開催される。ジャン=ピエール・ジュネ、ヴィム・ヴェンダース、マーティン・スコセッシら巨匠の3Dがずらり。

みなみ3dナイト

通常のフィルム・デジタル上映を行い、定期的なオールナイト企画も実施してきた京都みなみ会館だが、今回初となるオールナイト3D上映にチャレンジする。

もともとは、6月27日(土)から上映予定の、フランス・ヌーヴェルバーグの巨匠ジャン=リュック・ゴダールの3D作品『さらば、愛の言葉よ』に合わせて、3D映写機材の一時的な導入を決定。その機会を逃さず、今回のオールナイトイベントを企画した。

上映されるのは、多種多様な5作品。
『アメリ』のジャン=ピエール・ジュネ監督がライフ・ラーセンの異色冒険小説『T・S・スピヴェット君 傑作集』を原作に制作したアドベンチャー・ドラマ『天才スピヴェット』(2013年、105分)、『ベルリン・天使の詩』などで知られるヴィム・ヴェンダース監督が、天才舞踏家ピナ・バウシュの功績を記録した3Dドキュメンタリー映画『Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』(2011年、104分)、1978年のカルト・ホラー作品を、『ハイテンション』のアレクサンドル・アジャ監督が3Dでリメイクした『ピラニア3D』(2010年、89分)。

スピヴェット
『天才スピヴェット』Jan THIJS(c)EPITHETE FILMS – TAPIOCA FILMS – FILMARTO – GAUMONT – FRANCE 2 CINEMA
ピナ
『Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』(c)2010 NEUE ROAD MOVIES GMBH, EUROWIDE FILM PRODUCTION
ピラニア
『ピラニア3D』(C)2010 THE WEINSTEIN COMPANY LLC ALL RIGHTS RESERVED.

そしてマーティン・スコセッシ初の3D映画で、駅の時計台に隠れ住む孤児の少年ヒューゴの冒険を描いた『ヒューゴの不思議な発明』(2011年、126分)。

また『ヒューゴの不思議な発明』に合わせて、同作が「映画の父」として知られるジョルジュ・メリエスの映画創世記の時代が描かれていることから、そのジョルジュ・メリエスの制作した『月世界旅行』(1902年、16分)も合わせて上映する。こちらのみ、2D上映。

ヒューゴ
『ヒューゴの不思議な発明』(c)2011 GK Films. All Rights Reserved.
月世界
『月世界旅行』(C)Steamboat Films-Lobster Films-2011

京都みなみ会館の「ヤッター!3D上映ナイト」は、7月4日(土)の夜から翌朝まで。21時50分開場、22時5分開始、翌6時35分終了予定。

詳細情報
■開催日程
 7月4日(土)
 21時50分開場、22時5分開始
 翌6時35分終了予定
 22時15分~ 『Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』
 0時20分~ 『ヒューゴの不思議な発明』+『月世界旅行』
 3時5分~ 『ピラニア3D』
 4時50分~ 『天才スピヴェット』

■料金
当日3,000円、学生・会員2,700円
整理番号付き前売り券 2,700円

■映画館
京都みなみ会館
京都市南区西九条東比永城町79、TEL 075-661-3993

■サイト
7/4(土)<ヤッタ―!3D上映ナイト>
京都みなみ会館



過去の記事 >> << 次の記事