ヘッダ画像とロゴ
2015年05月03日(日)
多数の監督の「バカ映画」が集結 大阪・十三で「鉄ドン」2作上映

プロからアマチュアまで多数の監督が制作した「バカ映画」を集めた「鉄ドン」の『フールジャパン』第2弾がシアターセブンで5月5日(火・祝)に有料試写会を実施。第1弾も5月16日(土)から一週間上映される。

鉄ドンtop
ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015での様子

もともと大阪の有名映像制作サークル「DAICON FILM」(ダイコンフィルム)の中心メンバーが東京に行ってガイナックスを設立した際に、残されたメンバーがバカ映画の制作を継続。それが後に、1992年のバカ映画祭「鉄ドン」の開催につながったという。現在は「世界でもっとも有名なバカ映画祭の一つ」と自称し、短編オムニバス映画の制作を行ってきた、
まずは昨年、『フールジャパン ABC・オブ・鉄ドン』(2014年、96分)と題したオムニバス映画が完成。AからZまでアルファベット26文字に合わせて、26人の映画監督や映像作家らが短編“バカ”映画を作り上げ、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2014などで上映された。

鉄ドン1

さらに第2弾として、『フールジャパン 鉄ドン危機一発』(2015年、76分)と題したオムニバス作品を制作。今回は21人の監督による平均3分の作品たち。監督たちが全力で挑んだ短編バカ映画が再び集結した。
バカな映画であるため、「金返せ」コールが観客席から巻き起こるのも、特徴の一つだという。主催側は、「なんでもありのバカ映画を全力で楽しんでほしい。ここでしか味わえない映画体験です」とPRする。

参加監督は、プロからアマチュアまでさまざま。『THE NEXT GENERATION パトレイバー』の田口清隆さんや『へんげ』の大畑創さんなど現役プロの監督から、河瀬直美さんプロデュースによって『瘡蓋譚』を制作した上野遼平さん、その他高校生・大学生など多彩な制作陣が、「バカ映画を作る」という同じ志のもと結集した。

今回はまずゴールデンウィーク期間中の5月5日(火・祝)に、この第2弾の有料試写会を実施。
その後、5月16日(土)から一週間は、第1弾の『フールジャパン ABC・オブ・鉄ドン』を上映する。
会場はそれぞれ大阪・十三のシアターセブン。

詳細情報
■開催・上映日程
・『フールジャパン 鉄ドン危機一発』有料試写会
5月5日(火・祝)

・『フールジャパン ABC・オブ・鉄ドン』上映
5月16日(土)~22日(金)

■映画館
シアターセブン
大阪市淀川区十三本町1-7-27サンポードシティ5F、TEL 06-4862-7733

■サイト
『フールジャパン 鉄ドン危機一発』有料試写会
フールジャパン ABC・オブ・鉄ドン
シアターセブン



過去の記事 >> << 次の記事

「ワイルドバンチ」は大阪・天神橋筋六丁目のブックカフェバーです。
キネプレがコラボして、店内で多数の映画イベントを開催中!(以下一部)



12.05 映画館について語る連載企画。シネマート心斎橋・横田支配人のコラムを配信!

09.01 第92弾を配信!

ミニシアター周辺のオススメごはん店を紹介中!

映画を作るカードゲームのリプレイを掲載中!