2014年の話題作・名作を一挙に 京都シネマでベスト10特集上映

『ダラス・バイヤーズクラブ』『ジャージーボーイズ』『グランド・ブダペスト・ホテル』・・・2014年に話題となった映画10本を5週間にわたって上映する「2014年京都シネマBEST10」が2月14日(土)からスタート。

京都シネマベストtop

京都シネマは、京都・烏丸駅前に2004年12月にオープン。61席から104席までのスクリーン3つを擁し、ミニシアター系映画作品を中心に上映している。例年「ベスト10」を発表し、再上映する特集が人気を博してきた。
2014年から今年にかけて、さまざまな10周年企画を実施。その第5弾企画として、今年もベスト10を発表する。

上映されるのは、2014年に話題を集めた人気作10作品。
まず第1週は、ウディ・アレン監督、ケイト・ブランシェット主演の『ブルージャスミン』(2013年、98分)、マシュー・マコノヒーがHIV患者の実話に挑んだ『ダラス・バイヤーズクラブ』(2013年、117分)を上映。

ブルージャスミン
『ブルージャスミン』Photograph by Jessica Miglio (C)2013 Gravier Productions, Inc.
ダラス
『ダラス・バイヤーズクラブ』(C)2013 Dallas Buyers Club, LLC. All Right

続いて第2週には、家族のつながりを描いたロードムービー『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』(2013年、115分)、ザ・フォーシーズンズの栄光と挫折の物語をクリント・イーストウッドが映画化した『ジャージー・ボーイズ』(2014年、134分)を。

ジャージー
『ジャージー・ボーイズ』(C)2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC ENTERTAINMENT

第3週には、離婚した両親らの大人の世界を6歳の少女の目線から描く『メイジーの瞳』(2013年、99分)、何時間もかけて通学する4人の子どもたちを捉えたドキュメンタリー『世界の果ての通学路』(2012年、77分)。
第4週は、ティーンエイジャーをケアする保護施設で働く女性の苦闘を描く『ショート・ターム』(2013年、97分)、名作舞台を原作にした家族劇『8月の家族たち』(2013年、121分)を。
そして最後の第5週には、ウェス・アンダーソンの独特の世界感が凝縮された『グランド・ブダペスト・ホテル』(2013年、100分)と、スパイク・ジョーンズ監督が近未来の人工知能との恋を描いた『her 世界でひとつの彼女』(2013年、126分)を、上映する。

いずれも2014年に、映画ファンのみならず多くの人の話題を集めた人気作。見逃した人も、ぜひこの機会にスクリーンで。
「2014年京都シネマBEST10」は、2月14日(土)から3月20日(金)まで、連日10時10分と12時30分から上映。2月17日(火)は休館。

詳細情報
■実施日程
2月14日(土)~3月20日(金)
 連日10時10分~、12時30分~
 ※2月17日(火)は休館

・2月14日(土)~20日(金)
 『ブルージャスミン』
 『ダラス・バイヤーズクラブ』

・2月21日(土)~27日(金)
 『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』
 『ジャージー・ボーイズ』

・2月28日(土)~3月6日(金)
 『メイジーの瞳』
 『世界の果ての通学路』

・3月7日(土)~13日(金)
 『ショート・ターム』
 『8月の家族たち』

・3月14日(土)~20日(金)
 『グランド・ブダペスト・ホテル』
 『her 世界でひとつの彼女』

■料金
一般1,500円、大学生以下・障がい者1,000円
シニア1,100円、[ペア割50]2,200円
京都シネマ会員500円
※3月1日と毎週水曜日は一般1,100円

■開催会場
京都シネマ
京都市下京区烏丸通四条下ル水銀屋町620番地COCON烏丸3F、TEL 075-353-4723

■サイト
2014年京都シネマBEST10
京都シネマ