ヘッダ画像とロゴ
2014年12月02日(火)
異例の4連続マサラ上映 塚口サンサン劇場で「耐久マサラ上映」

尼崎の塚口サンサン劇場で、11月15日(土)と23日(日)の2日間「耐久マサラ上映 塚口杯」が開催。インド映画を観ながら踊って楽しむマサラ上映が計4回実施された。

塚口マサラ_閉幕
マサラ上映終了後、階上からの記念撮影に向って紙吹雪をまく観客たち

「マサラ上映」とは、日本で近年流行しているインド映画の観賞スタイル。ミュージカルシーンなどにあわせて、鑑賞中の観客が踊ったり歌ったり、拍手やクラッカー、紙吹雪などで盛り上がるなど“なんでもあり”の鑑賞体験が味わえることから人気を博している。もともとは2001年に大阪の動物園前シネフェスタでスタートした。
今回は、関西でも多くのマサラ上映に取り組んできた塚口サンサン劇場が「耐久マサラ上映 塚口杯」と題し、2日間計4回の、異例のマサラ連続上映を実施した。

開催期間は、インド料理店が出店したり、劇場スタッフがサリー姿で出迎えるなど、劇場がインド一色に。同じくインド衣装をまとって来場する客も多く見受けられた。
上映前には、マサラのベテランたちがダンスレクチャーを実施するなど、初見の観客にも参加しやすい配慮も行われた。

塚口マサラ_ロード
同劇場名物のヒーロー店員も、インド衣装姿に
塚口マサラ_レクチャー
上映前のダンスレクチャー
塚口マサラ_片付け
参加者で片付けるのも、マサラ上映のマナーの一つ

今回上映した作品のうち、『ダバング 大胆不敵』をインドから買い付けて配給を行った大向敦さんも、マサラ上映に参戦。「関西のノリは素晴らしい。劇場の方も至れり尽くせりで盛り上げてくれている」と絶賛。「インド映画にはたくさん良作がある。もっとその良さをたくさんの人に知ってほしいし、このようなマサラ上映がそのキッカケになればうれしい」と期待を寄せている。

塚口マサラ_大向さん
『ダバング 大胆不敵』などを買い付けた大向敦さん。
インド映画好きが高じて、脱サラして会社を立ち上げ、インド映画を買い付けた
詳細情報
■サイト
塚口サンサン劇場


過去の記事 >> << 次の記事

「ワイルドバンチ」は大阪・天神橋筋六丁目のブックカフェバーです。
キネプレがコラボして、店内で多数の映画イベントを開催中!(以下一部)


mybookshop

12.05 映画館について語る連載企画。シネマート心斎橋・横田支配人のコラムを配信!

09.01 第92弾を配信!

ミニシアター周辺のオススメごはん店を紹介中!

映画を作るカードゲームのリプレイを掲載中!