ヘッダ画像とロゴ
2014年12月02日(火)
映画『神戸在住』に使用された作品など披露 大阪・堀江でイラスト展

阪神・淡路大震災がテーマの映画『神戸在住』で使用されたイラストなどを展示するタナベサオリさんの作品展「旅猫と星とふくろう森」が、大阪・北堀江のART HOUSEで12月11日(木)から実施。脚本家らとのトークイベントも。

タナベサオリ1

映画『神戸在住』(2014年、96分)は、木村紺さんの同名マンガの実写化作品。1995年に起きた阪神・淡路大震災から20年の節目に合わせて、この震災を知らずに育った19歳の主人公が神戸の街で震災の記憶に触れ、心境が変化していく様子を描いている。

神戸在住1
『神戸在住』(C)2014木村紺・講談社/サンテレビジョン

作中で主人公の美大生・辰木桂が出会い、大きな影響を受けるのが、車いすのイラストレーター日和洋次。彼が制作したイラストが作中でも重要な意味を持つが、それを制作したのが滋賀在住のイラストレータータナベサオリさん。「宇宙のドコカにある猫の国」をテーマにイラスト制作をつづけ、絵本のような短い動画「フィルム絵本」も手がけるなど、精力的に活動している。

神戸在住イラスト2
作中で描かれたイラスト展

『神戸在住』の公開を控える今回、大阪で作品展を開催。同作に登場するイラストの展示を行うほか、「旅猫と珈琲町とふくろう森」の世界をめぐるイラストレーション作品の展示も実施する。
期間は12月11日(木)から16日(火)、各日12時から19時30分まで。場所は大阪・北堀江のショップ&アートギャラリー「ART HOUSE」。
また12月13日(土)の20時からは、「星灯りの宴」と題し、『神戸在住』の企画プロデュースの大西昭彦さんと脚本の安田真奈さんを招き、フィルム絵本上映会とトークのイベントを行う。

タナベサオリさんは「逢いたい人へと繋がる想いをテーマに、猫を案内人にして1F・2Fそれぞれ展示しています。旅猫と一緒に絵の世界を巡ってみて下さい」と呼びかけている。 

なお映画『神戸在住』は、2015年1月17日(土)からテアトル梅田、シネ・リーブル神戸などで公開開始。


『神戸在住』予告編

詳細情報
■開催日程
12月11日(木)~16日(火)
 各日12時~19時30分
 (最終日は17時まで)

※「星灯りの宴」は、12月13日(土)20時~

■料金
無料

※「星灯りの宴」は、会費1,500円

■開催会場
ART HOUSE
大阪市西区北堀江1-12-16、TEL 06-4390-5151

■サイト
タナベサオリ作品展「旅猫と星とふくろう森」
ART HOUSE
『神戸在住』公式サイト



過去の記事 >> << 次の記事