ヘッダ画像とロゴ
2014年09月18日(木)
シネ・ヌーヴォの社運賭けた黒澤明映画祭 大阪で全30作一挙上映

『七人の侍』誕生60周年を記念し、黒澤明監督の作品全30本を上映する「黒澤明映画祭」が、大阪・九条のシネ・ヌーヴォで10月25日(土)から8週間にわたって開催へ。同館は「社運を賭ける」と意気込む。

黒澤明映画祭1

黒澤明は、日本を代表する映画監督。小津安二郎、溝口健二、成瀬巳喜男らとともに、世界の映画関係者に敬愛されている。『姿三四郎』(1943年)で監督デビューし、生涯で30作品を制作した。1910年生まれ、1998年死去。

今回は、今年2014年が『七人の侍』が作られて60年であることを記念して、これまで多くの監督や俳優の周年特集を実施してきたミニシアター、シネ・ヌーヴォが「黒澤明映画祭」を企画した。1943年の『姿三四郎』から、遺作となった1993年の『まあだだよ』まで、全30作品を8週間にわたって上映する予定。黒澤明全作品が揃うのは、2010年に実施された「黒澤明 生誕100年祭」以来だという。

『羅生門』(1950年)、『七人の侍』(1954年)、『隠し砦の三悪人』(1958年)、『天国と地獄』(1963年)などの有名作ももちろん、それ以外の作品も堪能できるという企画。「世界のクロサワ」と呼ばれ、多くの映画人に多大な影響を与えた黒澤監督だが、映画ファン以外の人でも、その魅力に触れ、再発見する絶好の機会になりそうだ。
「調べれば調べるほど、その巨匠っぷりに驚いています。本当にとてつもない人だなと。そんな偉大さを体感してほしい」と話す、シネ・ヌーヴォ支配人の山崎さん。
同館公式ツイッターでは「シネ・ヌーヴォ社運を賭けとります」と宣言し大きな反響に。「たくさんの方に足を運んで頂けますように!」と呼びかけている。

「黒澤明映画祭」は、大阪・九条のシネ・ヌーヴォで10月25日(土)から12月20日(金)まで8週間にわたって開催予定。詳細なスケジュールや料金は後日発表される。

詳細情報
■開催日程
10月25日(土)~12月20日(金)

■映画館
シネ・ヌーヴォ
大阪市西区九条1-20-24、TEL 06-6582-1416

■サイト
シネ・ヌーヴォ
世界よ、これがクロサワだ―シネ・ヌーヴォ渾身の企画が全容発表



過去の記事 >> << 次の記事

「ワイルドバンチ」は大阪・天神橋筋六丁目のブックカフェバーです。
キネプレがコラボして、店内で多数の映画イベントを開催中!(以下一部)


mybookshop

12.05 映画館について語る連載企画。シネマート心斎橋・横田支配人のコラムを配信!

09.01 第92弾を配信!

ミニシアター周辺のオススメごはん店を紹介中!

映画を作るカードゲームのリプレイを掲載中!