ヘッダ画像とロゴ
2014年08月06日(水)
ロマンポルノ立役者の曽根中生特集 大阪・十三で10作品一挙上映

日活ロマンポルノで名をはせた曽根中生監督の10作品を一挙上映する特集企画が、大阪・十三の第七藝術劇場で8月9日(土)から2週間実施される。

曽根1

曽根中生は、日活ロマンポルノを代表する映画監督の1人。鈴木清順、石井輝男、若松孝二といった監督たちの脚本を執筆した。デビュー作は『色暦女浮世絵師』(1971年)。1970年代より活躍をはじめ、『天使のはらわた 赤い教室』『新宿乱れ街 いくまで待って』『嗚呼!!花の応援団』『博多っ子純情』など多くの作品を手がけてきた。1990年代以降、映画製作は行っていない。

今回第七藝術劇場では、2週間にわたって同監督の作品を一挙上映する。上映される10本は、『性盗ねずみ小僧』(1972年、68分)、『不良少女 野良猫の性春』(1973年、70分)、『(秘)極楽紅弁天』(1973年、70分)、『現代娼婦考 制服の下のうずき』(1974年、68分)、『大人のオモチャ ダッチワイフ・レポート』(1975年、73分)、『続・レズビアンの世界 ―愛撫―』(1975年、69分)、『わたしのSEX白書 絶頂度』(1976年、70分)、『新宿乱れ街 いくまで待って』(1977年、82分)、『天使のはらわた 赤い教室』(1979年、79分)、『赤い暴行』(1980年、77分)。

天使のはらわた_赤い教室
『天使のはらわた 赤い教室』
赤い暴行
『赤い暴行』

「曽根中生 過激にして愛嬌あり」特集上映は、大阪・十三の第七藝術劇場で8月9日(土)から8月22日(金)まで実施予定。18歳未満は観賞不可。
また開催中には、「曽根中生 過激にして愛嬌あり」を執筆した映画研究家・倉田剛さんらによるトークも予定されている。

曽根2
詳細情報
■実施日程
8月9日(土)~8月22日(金)

■料金
・前売
 3プログラム券3,600円

・当日
 一般1,500円、専門・大学生1,300円、シニア1,100円
 会員1,000円

■映画館
第七藝術劇場
大阪市淀川区十三本町1-7-27サンポードシティ6F、TEL 06-6302-2073)

■サイト
曽根中生 過激にして愛嬌あり
曽根中生 過激にして愛嬌あり 上映作品
第七藝術劇場



過去の記事 >> << 次の記事

「ワイルドバンチ」は大阪・天神橋筋六丁目のブックカフェバーです。
キネプレがコラボして、店内で多数の映画イベントを開催中!(以下一部)


mybookshop

12.05 映画館について語る連載企画。シネマート心斎橋・横田支配人のコラムを配信!

09.01 第92弾を配信!

ミニシアター周辺のオススメごはん店を紹介中!

映画を作るカードゲームのリプレイを掲載中!