ヘッダ画像とロゴ
2014年04月04日(金)
加害者自らが大虐殺を再現 話題作『アクト・オブ・キリング』関西へ

1960年代のインドネシアの大量虐殺を加害者の視点から描き、50以上もの映画賞に輝いた話題のドキュメンタリー『アクト・オブ・キリング』が、シネマート心斎橋、京都シネマ、元町映画館で順次公開される。

「アクト・オブ・キリング」t
(C)Final Cut for Real Aps, Piraya Film AS and Novaya Zemlya LTD, 2012

『アクト・オブ・キリング』(2012年、121分)はドキュメンタリー映画。
1965年にインドネシアで起きた軍事クーデター「9・30事件」。それによって、「赤狩り」と呼ばれた犠牲者100万人規模とも言われる大虐殺がインドネシア全土で行われた。
その実行者で現在は国民的英雄として知られる人物に、ジョシュア・オッペンハイマー監督は、カメラの前で過去の虐殺の再現を演じさせ、その様子を撮影。意気揚々と演じる加害者たちの姿と、彼らに訪れる変化を映しとっている。

もともとは虐殺の被害者への取材を試みるも、当局から被害者への接触を禁止されたことから、このような作品になったという。
そのセンセーショナルな内容が話題を呼び、数々の映画祭で招待上映を実施。2013年の山形国際ドキュメンタリー映画祭で最優秀賞を受賞。その他50以上もの映画賞に輝いている。

「アクト・オブ・キリング」1
(C)Final Cut for Real Aps, Piraya Film AS and Novaya Zemlya LTD, 2012

インドネシアのスカルノ元大統領の第3夫人であったことから、「デヴィ夫人」の呼び名で知られるデヴィ・スカルノさんも、このクーデターを経験した当事者の一人。東京都内で行われた同作の試写会にも登壇し、「この映画の出来事を、日本の人々はほとんど知らない。現実を知って欲しい」と呼びかけたという。
今年上映されるドキュメンタリー映画の中でも、話題作の一つだ。

映画『アクト・オブ・キリング』は、4月19日(土)からシネマート心斎橋、京都シネマで公開予定。5月24日(土)からは神戸の元町映画館での上映も予定されている。

予告編

詳細情報
上映日程 シネマート心斎橋
 4月19日(土)~

京都シネマ
 4月19日(土)~

元町映画館
 5月24日(土)~

映画館 シネマート心斎橋
大阪市中央区西心斎橋1-6-14ビッグステップビル4F、TEL 06-6282-0815)

京都シネマ
京都市下京区烏丸通四条下ル水銀屋町620番地COCON烏丸3F、TEL 075-353-4723)

元町映画館
神戸市中央区元町通り4-1-12、TEL 078-366-2636)

サイト 映画『アクト・オブ・キリング』公式サイト
http://www.aok-movie.com/
シネマート心斎橋
http://www.cinemart.co.jp/theater/shinsaibashi/
京都シネマ
http://www.kyotocinema.jp/
元町映画館
http://www.motoei.com/
『アクト・オブ・キリング』をイラストレビュー/ペンギンシネマ放談 vol.03
http://www.cinepre.biz/archives/11670


過去の記事 >> << 次の記事

mybookshop

「ワイルドバンチ」は大阪・天神橋筋六丁目のブックカフェバーです。
キネプレがコラボして、店内で多数の映画イベントを開催中!(以下一部)



12.05 映画館について語る連載企画。シネマート心斎橋・横田支配人のコラムを配信!

09.01 第92弾を配信!

ミニシアター周辺のオススメごはん店を紹介中!

映画を作るカードゲームのリプレイを掲載中!